都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

伝統文様をあしらった文字盤の内部にハイビートムーブメントを秘める

 

セイコー プロスペックスは、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えた、セイコーのスポーツウオッチブランド。その中でもダイバーズウオッチは特別な存在となっています。

セイコーは1965年に国産初のダイバーズウオッチを手がけて以来、50年以上も進化し続けてきました。現在、ダイバーズウオッチにはJIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)にて明確な仕様が定められていますが、そのベースはセイコーが技術開発の基準にしてきた性能規格であることからも、いかにダイバーズウオッチの発展にセイコーが貢献してきたがうかがえます。

透かし彫りクロノメーターシリーズ瑞宝表は力作

 瑞宝表以前のOpus Chronograph出し震撼表壇は、かつては1996年に獲ドイツ腕時計専門誌Armband Uhren授与年度腕時計(Watchオブthe Year)大賞。これは一枚の美しい透け腕時計、細工が巧みで完璧に現れ、精密機械表を酔わせる内在神秘的世界。わざわざグランOpus Chronograph発売ブランドのモデルは、令Opus Chronograph透かし彫りクロノメーターシリーズ陣がもっと絶頂、彫刻透かし彫りの文字盤のムーブメント律動もっと完璧に現れ。
グランOpus Chronograph透かし彫りクロノメーターケース42ミリ、18バラの金、精鋼やDLC類ドリル炭素コーティング黒鋼ケース、手彫り透かし彫りの文字盤、美しい怖がる人;時、分、秒、日付、伝統的クロノメーター秒針、さんじゅう分間タイマー、じゅうに時間タイマー、特別に入れCHRONOSWISS時計工場独自のC.741 S自動的にムーブメント、内蔵時計機能。腕時計外から内は、たとえ最も微細の心臓部を経て、瑞宝表時計師の昼夜兼行を洗练され、完璧な機械運営と歯車、完璧に現れ、サファイアクリスタル鏡面の下。腕時計の細かい空間内部の千百個の歯車、錬を一緒に運動の壮大な映像、じつに舌を巻く。精密機械表の活躍を酔わせる世界、今目の前に。

男の学生はどのようにこの1つの品物の効率的に自分をおしゃれに自分を装う?

 といえば一番細い点の上で体現する男性服装のアイテムによりも、一枚の精緻で質感の機械式時計は、それぞれの女性は1本の経典の小黑裙のように。日常で男子のキャラも通常少数精鋭のガイドラインに従い、両方の希望を失わないとジェスチャーの個性を味わって、また気軽に制御するさまざまな機会に、自分を高める魅力時男人味……
Swatch装置51メタルシリーズ機械式時計だけでなく、伝奇世界身の上でタブ業を起こし転覆機械製造の技術革命の伝統的な表、両面デザインもたいへん味わうことに加え、大気のシンプルなファッションの外観、内も外も高級の金属に満ちている。肝心な点は、このアイテムは、分あなたholdで様々なオーラ!
ビルが林立する都市ジャングル、自動車は現代世界に。紳士エリート一投足の間で立ち振る舞い、自信も大気立。優雅な金属文字盤の中には深い知恵、皮質のバンドの中で拷問を拷問して内心を拷問する。ビジネス交渉中の正真正銘の戦いの中で、職場のこと請け合いだ、会社の言葉に花が咲くパーティーで、それからあなたのファッション風雅な気質の裏地。

昨年のバーゼルで発表されたコンセプトモデルが

 そしてこの6月、昨年発表されたコンセプトモデル「エコ・ドライブ ドーム」が、時の記念日(10日)に世界限定500本(2モデル・各250本)で市場にて販売されることとなった。このダイナミックなモデルのコンセプトは“光のクリーンエネルギーを身につける”。透明インナーリングを用いた立体感あふれる3層構造の文字盤に、ドーム形状のガラス、そしてガラスと一体化した曲線のケースがひとつになったさまは、まるで近未来の“地球”をほうふつとさせるようなデザインだ。ホワイトとブラックの2種があり、いずれもメタリックパールが輝く“ホワイトパール塗装”、独自の研磨を施したデュラテクトDLC加工の“マルチウェイポリッシュ”を施すなど、職人技によるこだわりが反映されている。ホワイトとブラックに“知性”を、エコ・ドライブに“情熱”を、日本発信の姿勢に“革新”の思いを込めたという、シチズン待望のコンセプトモデルの登場だ。

酷睿玄黒魅力は宝の名ALT1-B2GMTクロノグラフ

 本月開幕の2013年バーゼル時計宴では、Bremont宝名将その新しい携帯ALT1-B2GMTChronographクロノメーター栄光登場。新しい表の続く同シリーズの円形のケースデザイン、ケースは精鋼で作り上げ、そして覆黒DLCコーティング(類ダイヤモンドコーティング)は、熱、摩擦や腐食物質の影響を最小限に抑え、表径43ミリ、厚さはじゅうろくミリ。100メートル防水機能を備えている。つや消し処理を経てブラック文字盤の上に、半球形防眩サファイアガラス表鏡を採用し、時間とアラビア数字を経て、夜光処理の指針を腕時計に読みやすい時間表示。日付が小さいウィンドウが3時の位置に置いて、同様に白色のコーティング処理、針の色は互いに呼応して。12時間、30分と秒針がそれぞれ6時、12時と9時位置、配置は合理的に、赤色の小さい針を組み合わせて、簡単に掌握する時分秒の流れ。
新しいALT1-B2GMTChronographクロノメーター組立BE-54AE型自動的にムーブメントを経て、COSC天文台の認証を取得し、本当のカウントダウン精密の天文台表。ムーブメントを採用して25宝石ベアリング、毎時発振週波数28、800回、42時間動力貯蔵を備え、時、分、秒、日付、第二のタイムゾーンやカウントダウン表示機能。バンドはフィット肌のカーフとNATOマジックテープで縫っ、同時に用意経DLCコーティング処理の選択肢は黒い時計の鎖。

真のマニュファクチュールによる時計を堪能

 

パルミジャーニ・フルリエは、歴史的名品の数々の修復を成功させ、神の手をもつ天才時計師と呼ばれたミシェル・パルミジャーニ氏が1996年に創業したスイスの高級時計ブランドだ。ブランドの創設以降、マニュファクチュール(自社一貫生産)化を推進し、ひげぜんまい、輪列歯車、文字盤、ケースなどの優れた部品メーカーをグループ傘下に統合した。今日ではスイスでも数少ない自社一貫生産体制を整えるブランドとして知られ、存在感を高めている。

現在、パルミジャーニ・フルリエは東京・六本木のホテル、ザ・リッツ・カールトン東京内に期間限定のポップアップブティックを開催中。圧倒的な仕上げの美しさと、100%完全自社製造を誇る真のマニュファクチュールによる時計を気軽に堪能することができる。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top