« 上一篇下一篇 »

モルガンスタンレー銀行の推定によると、スイス時計の輸出は前年比で6.3%増加しました。

モルガン・スタンレーは、2018年に10億スイスフランを超える売上高を記録したブランドはごくわずかであることに気づきました。 業界の「7人のヒーロー」は、ロレックス(50億スイスフラン)、オメガ(23.4億スイスフラン)、カルティエ(16.6億スイスフラン)、ロンギンズ(16.5億スイスフラン)、パテックフィリップ(13.5億スイスフラン)、ティソ( 10億5000万スイスフラン)とオーデマピゲ(10億3000万スイスフラン)。 レポートはさらに、これらの捕食者が2018年の市場平均よりも優れたパフォーマンスを示したことを示しています。スイス時計協会によると、スイス時計の輸出は前年比で6.3%増加し、モルガンスタンレー銀行は「10億スイス「ラングクラブ」会員の成長率は9%近くです。

        言い換えれば、幅広い価格ポジショニングを持つ大企業は、中小企業よりも優れています。 市場シェアを獲得することにより、時計産業の二極化が加速しました。この現象は多国籍企業でも明らかです。 Swatch Groupの19のブランドのうち、最も売れている3つのブランド(Omega、Longines、Tissot)は、グループの売上高の60%を占め、さらに多くの利益を上げています。