« 上一篇下一篇 »

古いドライバーが時計の知識について知らないものの詳細な知識を見る

 「赤12」とは、文字盤の12時を表す数字が赤く染まることで、懐中時計の時代に大人気。 現代の時計の「赤12」の傾向は、2000年にランゲがアニバーサリーランゲマティック時計をリリースしたことによるものです。文字盤のローマ数字「XII」は赤です。この時計の機能は複雑ではありませんが、数量が多いためです。 数が少なすぎて、全体的にとても綺麗で、コレクションサークルで大好評の「レッド12」と呼ばれていました。 その後、ヴァシュロンコンスタンタンロイヤルオブザバトリーシリーズやロンジンクロノグラフシリーズも、他のブランドに登場する「レッド12」として12番を染色しましたが、ランゲの影響を受けているかどうかは、意見の分かれるところです。