« 上一篇下一篇 »

グラスヒュッテは、165年のドイツの伝説的な時計製造の歴史を継承しています

グラスヒュッテの町の全景町の中心にある4階建ての青い建物はグラスヒュッテの時計工場

           ユニークなドイツの時計製造の個性を備えたグラスヒュッテは、自家製の機械式ムーブメントを備えた独自の時計シリーズを100%備えた世界トップの時計ブランドの1つです。

 ドイツ時計町の設立

          ドイツ東部のザクセン州の州都であるドレスデンから南下すると、ドイツの時計製造センターグラスヒュッテまで車で約1時間です。時計製造に不慣れな人にとっては、2500人の住民しかいないこの小さな町は、穏やかで平和に見え、時計製造の165年の歴史があります。時計製造業界がピークに達した19世紀に、精密クロノグラフツールが生産した置時計、天文時計、海事時計は世界中で知られており、世界中で販売されていました。ドイツの高級機械式時計ブランド、グラスヒュッテオリジナルがここで誕生しました。

          グラスヒュッテの町は、「北ドイツのフィレンツェ」として知られるエルベ川のほとりにあるドレスデンの近くにあります。 19世紀初頭には、啓蒙されたザクセン裁判所の強力な支援を受けて、ドレスデンの新しい芸術と科学が栄え、時計と懐中時計を作る技術は急速に進歩しました。同時に、産業革命の台頭に伴い、ヨーロッパ中の探検家や起業家の思いが高まり、もちろんザクセンも例外ではありません。

           1845年、起業家と発明家のグループがザクセンの首都ドレスデンからグラスヒュッテの町に移り、そこで時計製造を始めました。当時、グラスヒュッテの町には、数え切れないほどの主要な時計職人とその時計製造工場が集まっただけでなく、時計ケース、針、バランスホイールなどの多くの時計付属品メーカーも集まりました。グラスヒュッテの時計産業はかつてないほど繁栄しており、ドイツの重要な時計製造の町であるだけでなく、世界で最も重要な時計製造センターの1つでもあります。