« 上一篇下一篇 »

ロンジン自動機械式時計を巻き上げる方法とそれがいついっぱいになるのですか?

 

自動機械式ムーブメントは、リストにある一般的なハンドダイヤルに加えて、自動パーツである自動ローターと自動ホイールに基づいています。オートローターを任意の方向に回転させることにより、時計仕掛けを巻くことができます。

      販売されている自動時計は通常、キャビネットから出てきたときに停止します。時計を受け取ったら、巻き上げる必要があります(リューズを時計回りに25回転)。その後、毎日十分な時間をかければ、自動時計は時計仕掛けはエネルギーを補充するので、自動時計は正常に作動します。

      一般に、ぜんまいのエネルギーを補うために、全自動時計を1日8時間以上着用する必要がありますが、絶対的なものではありません。休日の着用をお勧めしますが、ぜんまいを継続的に補給するために手に装着した場合にのみ、時計は止まりません。現在、オフィスで働く人は一般に時計が止まってしまう現象がよく見られますが、ムーブメント以外では、運動不足やぜんまいにエネルギーが足りないことが原因です。時計仕掛けの作り方。

      自動巻き時計では、巻き上げにはできるだけ多くの自動ホイールを駆動するためのハンドルが必要であり、自動部品は非常に簡単に着用できるため、巻き上げを最小限に抑えるために自動巻きダイヤルを使用することが推奨されています。

      機械式時計の許容誤差範囲は±30秒/日で、観測所によって認証されたムーブメントの平均誤差範囲は-4秒から+6秒/日です。特定の誤差は、時計が使用するムーブメントに依存します。価格が高いほど、エラーは小さくなります。自動機械式時計の動力源は、装着者の手首の振りがゼンマイを巻くエネルギーを発生させることです。完全に巻かれた自動機械式時計は、約36時間連続して動作します。毎日正常に着用できることが保証されている場合、約15時間動作します。時計を着用しないか、十分なスイング(着用者の運動量が少ない)を上記の時間以上行わないと、時計が停止します。時計を巻き直す前に時計を巻く必要があります。