« 上一篇下一篇 »

Apple、Apple Watchの新しい特許を発表:ジェスチャーコントロール、片手操作

2016年の第4四半期に、Patently Appleは「AppleはApple Watchで手首のジェスチャーとカメラを進めます」というタイトルのレポートをリリースしました。表紙の写真は、その特許出願のものです。今週、米国特許庁はAppleの特許出願を発表しました。この文書は、多くの出願が継続中の特許に基づいていることを示しています。この発明は2019年3月に出願され、9人のAppleエンジニアがリストされています。 2016年の特許出願には、アップルのエンジニアが1人だけ記載されていました。

AppleのErik de Jongの名前が特許に記載されており、Erikは常にApple Watchの製品デザインディレクターと見なされているため、この発明は深刻なプロジェクトになっています。彼のプロフィールは、彼が「次世代のApple Watchを構築するために設計エンジニアのチームを率いている」ことを示しています。彼は後に、彼のチームが「将来の製品の概念と機能を開発するために」働いていると付け加えました。

Appleの発明は一般に、Apple Watchがユーザーのアクションとジェスチャー入力を検出し、デバイスまたは他のデバイスにコマンドを提供することを伴います。特に、Apple Watchは1つ以上のセンサーを使用して、ユーザーの手、腕、手首、および指の動きに基づいてユーザーの動きとジェスチャー入力を判断できます。