« 上一篇下一篇 »

機械式時計のダイナミズムが愉しめる

スケルトンウオッチの魅力は、何と言っても歯車の動きまで鑑賞できる点にあります。

その反面、普段は隠れている箇所まで見せることになるので、スケルトンウオッチの仕上げはこだわりはじめるとキリがありません。

ハイブランドのスケルトンウオッチが高額になるのは、繊細にデザインされたプレートをきっちり面取りまで行い、ときには緻密なエングレービングに至るまで職人が手作業で仕上げているから。たとえ文字盤がなくとも、それに匹敵するか、それ以上の手間がかかっているわけです。

言い換えれば、仕上げにそこまでこだわらなければ、意外と手頃な価格帯からスケルトンウオッチは手にいれることができます。