« 上一篇下一篇 »

タグ・ホイヤーの新定番カレラは何が凄い?

SS、チタン、セラミックと出揃った新世代のカレラを実際に手に取ると、これまで以上にモダンな装いの中、高度な加工テクニックと緻密な作り込みが実践されていることに気づきます。極太ベゼルにはモーターレースの伝統を継承するタキメータ ースケールが記され、スケルトンダイアルと相まって強烈な個性をアピール。カレンダーディスクの数字までスケルトン加工を施しながら、デイト窓には白地を敷いて見やすさを確保したほか、インダイアルと外周インデックス部をしっかり残して瞬時の視認性を高めています。
ケースを裏返せばシースルーバックから、精緻な仕上げが美しい自社製キャリバー ホイヤ ー01が確認できます。回転効率に優れた中空きデザインのブラックローターと、赤いコラムホイールが印象的。
加えて、名門レース「カレラ ・パンアメリカーナ・メキシコ」 にインスパイアされて1963年に誕生した、初代カレラの伝説的ストーリー。男心を惹きつける壮大なロマンは、時代を経ても色褪せていません。当時モダンデザインの最先端と称された 機能美も、現代的に再解釈され、ピュアなデザインとシャープなラインを今に甦らせています。