« 上一篇下一篇 »

グランドコンプリケーションはパテック フィリップの醍醐味

パテック フィリップの腕時計は、カタログに多くのレファレンスが掲載されているとはいえ、そのいずれも製造本数はごくわずか。それが世界各国に流通されるわけですから、どのモデルであっても希少となっています。しかも数多くの部品を組み上げて出来上がるグランド・コンプリケーションウオッチとなればなおさら。目にできるだけでも幸運といえるでしょう。

そうしたパテック フィリップが誇るレアハンドクラフツの粋が詰まったタイムピースのなかから、とくにその真髄を体感できる3本をトミヤ タイムアート店の方に教えていただきました。


2268万円(税込)Ref.5270/1 手巻き(Cal.CH 29-535 PS Q)、18Kローズゴールドケース、直径41mm/厚さ12.4mm、3気圧防水「曜日と月を並べて小窓表示した永久カレンダーに、クロノグラフをも組み込んだ総部品数456個からなるグランド・コンプリケーションキャリバーは、その全貌がシースルーバックから鑑賞可能。ケースに完全に結合されたドロップリンク・ブレスレットと合わせ、パテック フィリップが誇る仕上げの緻密さ、美しさを雄弁に物語ります」