« 上一篇下一篇 »

カンタロス オリジナルストラッププロジェクト with ジャン・ルソー

 

"里帰り"し、代わりにマエストーゾ(Maestoso)を借りた、カンタロス(Kantharos)はまだ帰ってきません。
マエストーゾは楽しいものの、あまり自分の時計といった感じがしないので、そろそろカンタロス返してほしいなーと思いつつも下手にリミットを切るとアレなこともあり放置中です。
バーゼルワールドでクリストフ・クラーレ本人が、今俺が身に着けてテストしているんだ!と言いながら上機嫌(意味深)で歩いていましたが、そのあとマネージメントサイドからもう少し様子を見たいという連絡、その後クロノ機構の一部に気になるポイントが見つかったので作り直しを決定、部品が届いたという連絡を最後に音沙汰がなくなった…という状態です。
そろそろメールするかな…?

さて、カンタロスのために2年ぐらいかけていろいろ話をしていたものの、肝心なタイミングでカンタロス本体がいないという状態で伸ばし伸ばしになっていたプロジェクトがあります。
本当はカンタロスができた状態で公開したかったのですが、いったん前編としてまとめたいと思います。

ジャケ・ドローのグランウールGMTのストラップを長さぴったりのカスタムで作っていただいた革メゾン、ジャン・ルソー(JEAN ROUSSEAU)にカンタロスのベルトもお願いできないかいう話をしていました。
ジャン・ルソーはフランスのブランドですが、銀座に工房をを備えた直営ブティックがあり、日本国内でカスタムオーダーに対応することができます。
個人からの注文のほか、ブランド経由の純正型紙によるカスタムオーダーも行っています。

カンタロスのストラップは特殊な固定方法によって固定されているため、純正以外の選択肢がなく、純正では黒とステッチのバリエーションしか用意されていません。
通常のばね棒を使って固定することもできそうですが、アタッチメント部分のピンが見えてしまいあまりよくない外見になりそうなので、躊躇してしまいます。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。