« 上一篇下一篇 »

ローランオートランス初のトゥールビヨンウォッチ

 

トゥールビヨン01は、HAUTLENCEが尊重するすべての設計基準、特に3次元の文字盤を介して多層時間の読み取りを提供する最初のHL05時計の審美的な設計を再解釈します。この新しい時計は、ローズゴールドとブラックのPVDコーティングチタンで作られた44mmのツートンカラーのラウンドケースを特徴としており、HAUTLENCEのアバンギャルドなデザインを反映しています。多層ダイヤルは、特に目を引くジュネーブの波紋を備えた黒いエナメルベースを備えています。真ん中に追加されたサファイアクリスタルガラスダイヤルの追加層のおかげで、ローズゴールドの数字とアワーマーカーが黒い下側に浮いており、夢のような構造を作り出しています。

       この時計は6時位置にトゥールビヨンを表示し、2番目のタイムゾーンはメインの時針の後ろに隠れた小さなローズゴールドの時針によっても示されます。デュアルタイムゾーン機能を使用しない限り、2番目のタイムゾーンポインターは常にダイヤルの周りの時針をたどり、常に非表示になっているため、常に表示されません。

       HAUTLENCEの共同設立者兼CEOであるギヨーム・テトゥは、この時計について次のように考えています。「過去、トゥールビヨンウォッチを提供することは決してないと言っていましたが、マシンを接続できることを望みます。建物の革新的な文字盤が時計の限界を押し上げましたが、象徴的なサファイアクリスタルの文字盤とH.モーザー&シーのHMC 802トゥールビヨンムーブメントを組み合わせると、それが自然なフィットであることがすぐにわかりました。 」