« 上一篇下一篇 »

ピアジェの強み、時計製造技術と創造性に飛んだデザインが融合した「アルティプラノ」コレクション

 

数少ない伝統的なマニュファクチュールのひとつであるピアジェは、ジュエリーにも重きを置いており、時計製造の確かな技術と精巧な宝飾技術を融合させ、デザイン、製造までを可能にした数少ないメゾンです。途方もない熱と圧力の下で生成され、地球の深部から採掘されるプレシャスストーンは、ピアジェのタイムピースが放つ不朽の輝きを際立たせています。


 「アルティプラノ」(ケース径36mm)は、女性やクラシック・ウォッチのプロポーションの良さがわかる人には魅力的な タイムピースで、ピアジェのエレガントなコレクションには欠かせないモデルです。今回初めて、文字盤とベゼルにバゲット カットダイヤモンドをセットし、ピアジェブルーの文字盤にはさらにサンレイ仕上げを施しました。生産数は、88本に限定されています。


  バゲットカットは、控えめな洗練さで知られたカット手法です。バケットカットダイヤモンドがタイムピースを縁取るようにセットされており、文字盤上の「3時」、「6時」、「9時」そして「12時」の位置にも同じカットのダイヤモンドが配されています。こうしたダイヤモンドの装飾は、文字盤の濃い色調が放つ輝きを引き立たせています。文字盤のカラーに採用されたコバルト・ブルーとミッドナイト・ブルーの中間に位置するディープ・ブルーは、この数十年にわたりメゾンを象徴するカラーになっています。2017年SIHHに発表した「アルティプラノ」アニバーサリー・コレクションにも、この色が取り入れられています。明るさのレベルが異なるイルミネーションの下で違った表情を見せる文字盤は、まるでそれ自体が空のよう。文字盤に施したサンレイパターンは、絶妙な光と影のコントラストを生み出しています。


  天空を連想させるデザインがより一段と際立っているのが、ピンクゴールド製「アルティプラノ」トゥールビヨン(ケース径41mm)です。ひときわ目をひくのは、ダイヤモンドで周囲が飾られたブルーのメテオライト文字盤。「8時」の位置には、インダイヤルが設けられており、「アルティプラノ」の特徴であるバトン針で時・分が表示される仕組みになっています。また、「2時」位置に設置したフライングトゥールビヨンの回転は、紺青色の天空に浮かぶ惑星を連想させます。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。