« 上一篇下一篇 »

釈迦に説法のようで恐縮だが、日常使いの腕時計に求められる

釈迦に説法のようで恐縮だが、日常使いのロレックスコピー腕時計に求められるのは、突き詰めれば、以下の4点に集約されるのではないだろうか。

1、耐磁性
2、作動時間 (パワーリザーブ)
3、計時精度
4、耐久性

 1の耐磁性はあまり意識することは少ないかもしれないが、現代社会では電磁波のオンパレードだ。そして、機械式腕時計の部品のほとんどは金属製である。例えば携帯やバッグの留め金のようなもののそばに置くだけで内部の部品が磁力を帯びてしまう。

すると、2-4のすべてに悪影響を及ぼしてしまう。

 2、の作動時間も重要だ。平日のビジネスシーンで使った後、休日を挟んで翌週に再度使おうと思ったときに、時刻が止まってしまっていて、時刻合わせをする、という経験は機械式腕時計をお持ちの方なら一度は巡り合っていると思う。

 3、の計時精度は言わずもがな、「時計」であるからには正確に時刻を刻み続けるのは当たり前のことだ。そして4、の耐久性もちょっと落としたらガラスにひびが入ってしまうようなスマホと同じものであれば、とても怖くて腕にし続けることはできないだろう。