« 上一篇下一篇 »

スイスでのスイスETA2824ムーブメントの7つの技術的特徴

1.元のシステムバランススプリングシステムが連続的に振動して振動数を正確に計算すれば、経過時間を計算することができますが、スイング中にバランスホイールはベアリングの摩擦力と空気抵抗を受けます。てんぷばねの内部摩擦と他の運動抵抗のバランス、てんぷの揺れは最後の停止まで徐々に減衰します。減衰することなく振動し続けるためには、てんぷばねシステムを定期的に補給する必要があり、機械式時計ムーブメントにおける動機システムはこのタスクを達成するために設定される。通常の締め付けばねで発生した弾性位置エネルギーはエネルギーとして蓄えられ、通常の操作ではばねが弾性位置エネルギーを機械的エネルギーに放出し、振動を減衰させることなく輪列を回転させ振動システムを維持します。同時に、それはディスプレイシステムと追加の機関(カレンダー、毎週のカレンダー、毎月のカレンダーなど)の動きを駆動します。


2.トランスミッションホイールメカニカルウォッチのオリジナルシステムは、それが完全にロードされた後に一定の継続時間を持ち、オリジナルシステムとエスケープメントの間にトランスミッションギアのセットを追加した後、それは一度だけ延長することができます。連続稼働時間のフルライン加えて、トランスミッションホイールトレインはまた、振動システムの振動数を表すガンギ車の角度(ガンギの要素)を、ある値に従って指針システムの時、分、秒のホイールに伝達します。 。


3.エスケープ機構は、列車から振動系に伝達されるエネルギーを定期的かつ定期的に補給して振動を減衰させることなく維持するとともに、振動系に振動数を正確に補正する役割を果たします。計算において、表示システムは、時間を測定する目的を達成するために、第2の車輪などの歯車を介してがんぎ車によって制御される。


4.振動方式機械式時計は、振動方式としててんぷばねを採用しており、てんぷばね振動方式の全振動に要する時間(振動周期)を求めて振動数を計算すると、何度も振動を経験します。時間は、振動周期に振動数を掛けたものに等しい、すなわち、時間=振動周期×振動数である。


5.表示方式で時間を表示し、分車が十字車を介して時車を駆動し、分車と時車のギア比が確定し、12回回転すると時車が円を描きます。秒針、分針、時針がそれぞれ第2軸、分車、筒車に取り付けられ、12分ごとに時針を形成し、円を描くように回転し、分針が1時間に1回回転し、秒針が1分に1回転する。


6.上段の機能は、元のシステムにエネルギーを送ることで、ハンドチェーンと自動巻きの2つのタイプに分けられますが、自動巻きでの移動も、同時に手動でつなぐことができる唯一のものです。その構造はもっと複雑で、そして自動巻線機です。いわゆる単一方向とは、回転トルクを提供するための自動ハンマー組立体が巻取り機構または二方向を一方向に時計方向または反時計方向に駆動することができることを意味する。


針は指針のための機構であるが、機構の定義は時針および分針だけでなく、運転手によって運ばれる追加の機構の表示部分でもあることに留意されたい。カレンダーや毎週のカレンダーなど。