« 上一篇下一篇 »

百年霊アジア初の新概念旗艦店は北京で試験営業しています。

このコンセプトストアはパネライコピー新しいデザインコンセプトを採用しており、半年間かけて作った旗艦店は、160平米の店舗面積と9メートルの建物の外立面の気勢が凛としている。

フラッグシップショップの内部デザインは工業建築風を中心に、復古と現代の組み合わせで快適な雰囲気を作り出しています。全体の快適でスタイリッシュな店舗空間の中で、お客様は海、陸、空の多さをカバーする200余りの腕の間の傑作を通じて、10000余りの日本から輸入したレンガで作られた立体壁、60年代の百年霊復古のネオンブランド標識と本物のビリヤードテーブルとカウンターを作ります。