« 上一篇下一篇 »

飛亜達は手を携えて高くて円をつないで深センで新製品の発表会を行います。

バーゼル国際時計展覧会が円満に閉幕しました。世界時計業界のトップイベントとして、バーゼル時計展1号国際ブランド館は5年目に出展しました。2011年にバーゼル時計展1号国際ブランド館に進出して以来、飛亜達の時計芸とブランド価値はますます国際的に有名になり、業界から高く評価されています。

4月18日、飛亜達ブランドはブランドの代弁者である高円と深セン海岸城ショッピングセンターを手にして、「時間を愛し、ファッションショー」というテーマで盛大に開催されます。これは「国民の女神」として、2015年に初の手を携えて、アジアのブランドが公衆の前に現れました。その時、幸せな瞬間につきまとわれた高円は、来場者に展示されて初めて2015年のバショウで発表され、多くの名声を得た四つ葉のクローバーシリーズの新商品のリストを発表します。

今年、飛亜達はマスターシリーズの12獣の初回限定モデルを携えて、2014年ドイツ紅点設計大賞を獲得した立体読書時の特別モデルです。宇宙飛行シリーズの限定版陀飛輪腕時計、腕時計とスポーツカー元素の境界を越える協力モデルの設計の限界シリーズ2015新型腕時計、霊動設計の幸福は四葉シリーズの羊年の限定モデルをめぐって展示して、ハイエンドブランドの雲が集まる1号館で、様々な賞を獲得しました。多くの関心を持つ。四草の羊の年限定の腕時計は更に完璧に書き続ける時間の中のすばらしい願望で、デザイナーは特に金色の時計の輪を選んで紫色の宝石を象眼して、紫色のベルトで配合して、紫の気東を象徴してきて、女神の腕の間の尊貴さと優雅さをも達成することができます。