« 上一篇下一篇 »

時計のベルトはカメラを設置して食品の熱量を調べることができます。

サムスンギアのスマート腕時計が発表された後、業界の共通認識は、スマート腕時計スーパーコピー時計N級にカメラが必要ではないということです。LGでは、このようなステレオタイプの印象は、近い将来に変わる可能性があります。

LG最新の特許出願書類には、カメラモジュールをベルトに統合するかなり特殊な設計が示されているという。

特許文献には食べ物の写真を撮ったり、カロリーの摂取量を追跡したり、店でバーコード/二次元コードをスキャンしたりする潜在的な用途が記載されています。

さらに、特許は、セルラーデータ接続をサポートする「モバイル端末」機能についても言及している。

LGは斬新な方法で、スマート腕時計にカメラを取り付ける目標を実現したいです。ユーザは簡単にカメラモジュールの角度を調節できます。特に気まずい姿勢をとる必要はありません。