« 上一篇下一篇 »

腕時計の夜光発展史を秘める

1898年、居里夫人がラジウムを発見し、1910年に人類が電気分解の方法でこの神秘的な金属を獲得した。その後、わずか5年の間に、チューナ海が製品に応用され、特許を申請し、時代の歩みといえる。

シンガポールに咲く世界最大の概念店には最近、大きな壁時計が掲げられています。この時計は、ペナミの腕時計の独特な「サンドイッチ挟層式」の表盤構造を展示しています。

板挟み構造は、夜の光を表の中の刻槽内に置くことができる。サンドイッチ挟層構造の表盤は2つの重ねた円盤で構成されている。下の円盤には、上の円盤に対応する透かし彫りと数字に光が出てきた。

このようにして、多くの夜の光物料が大きな光を生むと、このようなデザインによって透けていくことができ、最大程度の解像度を示すことができる。水の底が暗い環境にあっても、表盤の目盛りをしっかり確保して読むことができる。

公習所の公式サイトには、自慢の3件の特許を掲げており、第1件は、RDiamir夜光技術に対応するイギリスの特許GB 191512400。その時の家族Gudo Paneriさんは、1915年8月25日に特許を申請した。

この技術はなぜRaciamirと呼ばれるのか、原因は放射性発光材料がラジウムです。ラジウムのすべての化合物が放射性を持っていて、ラジウムの名前のRDielは放射性の意味です。

ラジウムの性質は安定していないが、1600年になるとシラドンとなり、減衰していて、自分自身が薄色の光を放つことになる。世紀の30年代に生産された第1世代のイスラム教は、ロレックスに定められた「加州面」の表盤を採用したことから、「Rolex Paneri」と呼ばれています。