« 上一篇下一篇 »

衆目の愛——IWC Poritfino 37腕時計

静かで、のんびりして、ロマンチックで、赤い調の赤陶屋は澄んだ水の岸に並んでいて、旅人はこれを歩いていて、小さな漁村が心の満足をもたらすことを楽しみます。

恋の感覚はとても奇妙で、言うことができない。ときめきの早さ、笑顔の輝き?朝思暮しして、あるいは一日見ないで三秋を隔てていますか?包容力があるのですが、実は1分足りてもかわいいところがあります。もしかしたら、すべて。手の上で心をこめてケアする思いやり、同時に持っている感触に浸りながら、相手の目を持って、互いに共通する言葉を持ち、平凡に美しくなる魔法を持つ、二人の世界を持つ、時間。はい、時間です。美しい世界、美しい心、すべてを楽しむ時間がある。恋の味を楽しんで、愛される感覚を楽しみ、笑いを楽しむときに心の憂さを楽しみ、解放されます。

パフェノは美しい場所で、多くの人は彼女を休日の天国と見なすが、IWCは彼女を感情的な表現として、時間の大切な恋愛をしている。

PorTfinoに腕時計が変わったことから、パフィノ37はさらに巨大なラインナップを持って表界に入りました。昨年のIWCの主役はポルトガルシリーズの腕時計であり、ブランドは依然としてプラネフィノシリーズに新作を加え、過去の低調な華奢な姿を変えず、主役の風頭を奪い取らず、安定して自分の道を歩むことができる。新金の月相自動腕時計37は、同シリーズの中で唯一のケースではなく、簡単にきれいで、きらきらとした放光は真珠母貝の表板の中の月娘を際立たせていた。大小の星がそばに点在しているように、二重の愛情のような目が、月が欠けていた。