« 上一篇下一篇 »

伝統文様をあしらった文字盤の内部にハイビートムーブメントを秘める

 

セイコー プロスペックスは、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えた、セイコーのスポーツウオッチブランド。その中でもダイバーズウオッチは特別な存在となっています。

セイコーは1965年に国産初のダイバーズウオッチを手がけて以来、50年以上も進化し続けてきました。現在、ダイバーズウオッチにはJIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)にて明確な仕様が定められていますが、そのベースはセイコーが技術開発の基準にしてきた性能規格であることからも、いかにダイバーズウオッチの発展にセイコーが貢献してきたがうかがえます。

創業135周年の節目に開発された最新作では、2014年の「現代の名工」に続き、2016年には黄綬褒章も受章した小杉修弘氏がデザインを監修。