都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

時計売場がクローズドの空間に変貌し、限られた人だけを招待

大丸 福岡天神店は博多の中心街にあり、パテック フィリップやハリー・ウィンストン、ショパールといったプレミアムブランドを一度に堪能できる名店。
オーデマ ピゲコーナーは店内壁面のゆったりとした空間に設えられています。

そんな同店で9月21日~24日の間、レアな時計が展示されるAPフェアを開催。
21日の夜18時〜20時の間には招待制の特別なパーティも催される予定です。

今回は、本誌&ウェブ読者限定で5組10名様を特別に無料ご招待。
シャンパンを片手に2018年の新作などなかなか店頭に並ばない時計を眺めながら、時計談義に華を咲かせましょう。
特別なAPナイトとあって、オーデマ ピゲ ジャパンCEOのフレデリック・レイス氏も来店予定。見逃せません!

優勝を飾ったのは、スウォッチ プロチームメンバー!

 

先日、アメリカのカリフォルニア州南部・ハンティントンビーチで開催された「2018 Vans US Open」。優勝したのは、スウォッチのプロチームメンバーであるコートニー・コンローグ。6度世界チャンピオンに輝いた選手を下しての優勝とあって、その喜びも非常に大きかったことが、写真からも伝わってきます。

彼女はナンバーワンの称号を手に入れたことについて、「とても興奮しています。サポートしてくれたスウォッチチームと多くの方に感謝します。今年初めに怪我をしましたが、復活までの日々を家族とチームが支えてくれ、今シーズン最高の試合ができ、優勝という最高の結果で終えることができました」と、コメントしています。

1Fにはカルティエ・オメガ・パネライなどが立ち並び

難波:僕らは元々カーオーディオが共通の趣味で、スリークに通う以前から、10年来の友人なんです。腕時計に凝りだしたのも大体同じ時期で、当初はここで再会するとは思っていなかったのですが……


難波一茂さん 
2009年ごろから腕時計にハマリ出し、スリーク新潟にて年1本以上のペースで購入。趣味はカーオーディオ。
こちらは、筋金入りのブライトリングファンだという難波さんのコレクション。(画像右)
40歳の記念で求めたゴールドコンビのトランスオーシャンを筆頭に名機が並びます。
小倉:とあるクルマ雑誌の記事で、難波さんがブライトリングオーナーとして取材を受けてらして。
〝これって、あの難波さんだよな?〞と思いながら、既に通っていたスリークのスタッフさんに尋ねたら案の定で。

ブライトリングの新体制を象徴する新シリーズの実用機

1951年に誕生したアイコン「ナビタイマー」の初期シリーズを想起させるクラシカルな佇まいが魅力。3時位置の横に配したリューズ1本で時針が調整可能。容易にワールドタイムが設定できる独自の「ユニタイム」機構を備えています。

正規時計店のコメント:新生ブライトリングの方向性が感じられる「ナビタイマー 8」にはかなり期待しています」スーパーコピー腕時計大丸 福岡天神店/ikebukuro777さん

ブランド初挑戦のサイズでエレガントに着けこなす

スーパーコピー腕時計パネライ史上初、アンダー40mmの小型モデル。3日間パワーリザーブを有するムーブメント「Cal.OP XXXIV」を搭載しています。クッションケースやリューズガードなど、パネライを象徴するデザインコードはそのまま維持。

正規時計店のコメント:「パネライ史上最小ケースは、新たなファンを作りそうな予感。お問い合わせも多くいただいています」貴人館/西 昭彦さん

劇的進化を果たした定番ダイバーズがいよいよ店頭に!

本機は、人気作「シーマスター ダイバー 300M」をフルモデルチェンジしたもの。セラミックベゼルには、エナメルでダイビングスケールを記しています。文字盤には、初代モデルで採用したレーザー加工による波模様を復活させました。1万5000ガウスの耐磁性能も加わったマスター クロノメーター仕様。

正規時計店のコメント:
「待望のマスター クロノメーター化により、エントリーながらハイスペックになりました」やぶ内時計舗/藪内正己さん
「オメガ最新の技術が詰まった意欲作で、完成度の高さは今年の新作でも随一です! 」ISHIDA表参道/井上璃保さん
「人気作がさらにカッコよくなり、マスタークロノメーターも搭載してフルモデルチェンジしました! 」安心堂 静岡本店/小林謙太郎さん

優れた防水性と耐磁性を誇る最強のデイリーウオッチ

オメガ「シーマスター ダイバー300M」56万1600円/Ref.210.30.42.20.01.001
自動巻き(Cal.8800)。55時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm。300m防水
モデル名にあるように防水性能は300mを誇り、10時側にあるヘリウム・エスケープ・バルブの採用で作業用潜水にも対応。潜水経過時間などが計測できるダイビングスケール付き逆回転防止ベゼルも備えています。

誕生25周年の節目を迎えて生まれ変わった最大の注目ポイントは、「マスター クロノメーター」の称号を獲得したこと。これは、多くのブランドが取り入れているCOSC認定クロノメーターの精度基準に加え、現時点でオメガのみが合格しているMETAS(スイス連邦計量・認定局)が定める検査項目をもクリアしたことを意味しています。※ちなみにマスタークロノメーター認定を受けた腕時計のオーナーは、テスト結果をオンラインで知ることができます。

プロと読者による1位の決め手とは?

PRO「新しい1/100秒クロノグラフ・ムー ブメントと斬新なデザイン、そして 抜群のコストパフォーマンス!」 (oomiya和歌山本店/城 英員さん)

PRO 「ブルーダイアルで登場した新作は、ひと目で格好良さが伝わる時計。ファッション好きには堪らない1本です」 (オロジオ/永尾知己さん)

USER 「オープンダイアルから最強のメカニズムが見える」(静岡・J.Iさん)
「ブルーの色味が派手すぎず高級感 があって絶妙」(愛知・M.Mさん)

 

「2018年の1本」は ゼニスのデファイ エル・プリメロ21ブルーに決定

もっとも人気のある腕時計に選ばれたデファイ エル・ プリメロ 21は、スタートボタンを押すと、その凄さが一目瞭然です。センターにあるクロノグラフ秒針は1秒で1回転し、文字盤外周に100等分された目盛りを正確に1/100秒単位で指し示します。この針を駆動しているのが、名機エル・プリメロに加えられた、毎秒100振動するクロノグラフ・ モジュール。毎秒10振動で時刻を刻むハイビートムーブメントとの二重構造を持ち、香箱、輪列、テンプは時刻表示とクロノグラフの2個ずつ独立して搭載します。

しかも、この驚愕メカニズムをスケルトンダイアルとシースルーバックの両面から見られるのです。パープルのシリコン製脱進機も確認できるうえ、1970年代テイストのエッジを効かせたケースデザインとも相性抜群。ブレス仕様もフルチタン製のため、軽快な装着感を楽しめます。

時計ブランドはリサイクル価格に関連していますか?

ここで最初に知っておくべきことは、時計のブランドとランキングは同じものではないということです。

ウォッチのランキングについては、人によって意見が異なり、あまり公平な基準はありません。また、経験豊富なプレイヤーの心の中にランキングがあることもよくあります。

世界のトップ10の時計は、流通市場に多くの取引があるという意味ではありません。

 

中古リサイクル価格で本当に重要なことの1つはブランドそのものであり、もう1つは時計モデルであり、それが時代です。 ごく少数のモデルを除き、車のようなほとんどの時計は開梱されて割引されています。
 
ブランド自体。 ブランドの相対的な価値の保存について言えば、パテックフィリップとロレックスが最も多く挙げられています。

長年にわたるロナウドの時計の実績と輝きの目録

みなさん、こんにちは、私は画面をスワイプしていたダダです。

昨夜の20時04分、ポルトガルのモロッコとの試合が4分間で始まったところ、クリスティアーノロナウドはボールをゴールに導き、スコアを1-0に固定しました。 目標が決められた後、Xiaodaの携帯電話はロナウドの目標の情報に圧倒され、彼の友人の輪も狂ったように選別されました。

 

(クリスティアーノ・ロナウドはゴールを祝います)
 
最後の試合では、クリスティアーノ・ロナウドは単独で3ゴールを決め、強いチームスペインと結びついた。 得点した後、ロナウドは彼の「ヤギ」ひげにも触れ、「GOAT」、つまり「史上最高」(歴史上最高)を意味することを示した。

食物で心を癒す魔術師-ハーバートニューポートシリーズのスポークスマン

食べ物は不思議です、不幸なら1食、不幸なら2食食べましょう! 私が幸せでないときはいつでも、編集者はデザートに行き、私の気分は食べた後ずっと良くなります。 シャオビアンは、すべてのシェフが癒しの能力を備えた魔術師であると感じており、料理、生活、食べ物、自然に対する愛情を料理人に伝えています。 Xiaobianの仕事中に、私は幸運にもこの料理の魔術師であるXavier Pinceminに会えました。
 
ヴェルサイユのザビエルは料理が大好きで、15歳から料理が特に興味を持ちました。 パリのルメリディアンでのインターンシップの後、彼は有名なレノトレのキッチンでプロの学士号を取得しました。 

«910111213141516171819202122»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top