都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

新年の時計を選び、父と母に贈る

 元日が来ましたが、春節はかなり遅れますか? 年末に振り返るたびに、年末には両親の世話が十分とは言えないように感じます...私たちは自分たち、恋人たち、子供たち、友人たち、キャリアにあまりにも多くの愛と思いやりを与えてきました... …両親のためのシェアだけでは十分ではありません。 しかし、ここでは今日、センセーションと告白のトピックを終わりにするつもりはありません。正直にしましょう。正月なので、あなたの父親と母親のための時計を選択してください! それが会社であろうと表現であろうと、時計はそれ自体が物語ります!

これは本当に2016年ですか? 時間測定とカレンダーの変更について話す

 

これは2016年だと思いますか? 少し恣意的ですか? ユダヤ暦は今年が5776年であると教えています。イスラム暦は今年が1437年であると主張しています。ローマ暦は今年が2769年であると述べています。正教会は今年が神の創造の7525年であると誓約しました。 カレンダーはまだ残っているので、今年は224年になるはずです。 他にも、価値は劣るものの、あまり知られていないカレンダーが他にもたくさんあります。たとえば、韓国のカレンダー(メインカレンダー)は、金日成が生まれた1912年に基づいています。

オートレディースウォッチの高度なデザインにより、時空を超えてクラシックを実現

レディースのハイエンド時計を実現するための重要な要素の1つである、高度な複雑な機能を実現する内部ムーブメントに加えて、もちろん、時計のデザインは各パーツと完全に統合されている必要があります。 人々の心に深く根ざしたクラシックなデザインは、時計のシェル型のクラシックや、時計の重要な要素の一部です。 クラシックなデザインのため、無敗の花々のように、年々期待され、華やかでカラフルな、長続きする作品が多すぎます。

完璧なデザインに自慢の自社キャリバーを搭載

先に発表された「タグ・ホイヤー カレラ 160周年シルバーダイヤル リミテッドエディション」と「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 160周年 モントリオール エディション」。これらは限定モデルだが、今回の「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフ」は、通年を通してラインナップされるレギュラーモデルである。オーソドックスなブラックのほか、日本市場で人気のブルー(ディープブルー)、トレンド感のあるグリーン(ミュートオリーブグリーン)、そして18K 5Nローズゴールドプレートを使ったラグジュアリータイプの計4型が発売開始された。

創業160周年を祝う、“原点回帰”の特別なレーシング・クロノグラフ

タグ・ホイヤーは創業当初より、計器における革新的なメーカーとして活躍し、クロノグラフになくてはならない「 振動ピニオン」の発明やクロノグラフ懐中時計の製造、自動車や飛行機に設置されるダッシュボードクロックを納入するなど、卓越した技術で世界有数の地位を確立した。

とりわけ創業者一族4代目当主のジャック・ホイヤー氏がプロデュースしたホイヤー社時代の「カレラ」(1963年初出)は、タグ・ホイヤー史上のハイライトと言っていい。伝説的なカーレース“カレラ・パン・アメリカーナ・メキシコ”にインスピレーションを得たレーシング・クロノグラフで、当時から厚い支持を得た。これ以降、タグ・ホイヤーはさらにモータースポーツとの関係性を強め、時計愛好家からモータースポーツファンまでを熱狂させている。

女性のライフスタイルに寄り添う、クオリティを兼ね備えたタイムピース

充実した日々の生活を送り、家庭やビジネス、プライベートなシーンでも自らリードする。そんな女性をイメージして生まれたタイムピースが本コレクション。タイムレスなラインとフォルム、そして気品あるデザインは、そのすべてを女性のために捧げた、まさに“現代(いま)”を生きる女性のためのオートマチックウオッチとなっている。

レディースとしてデイリーに使いやすい29mmケースのなかには、スウォッチ・グループとオーデマ ピゲが共同開発した非磁性合金「Nivachron」を使用し、優れた非磁性を備えたひげゼンマイを使用したムーブメント「パワーマティック48」を組み合わせることで、磁気を発するデジタル機器に囲まれた生活環境においても高精度を維持。まさに現代の生活に見合ったモデルといえるだろう。

フットボールと分離して組み合わせるブランドを見て

当時オーストリアとスイスが共同で主催したヨーロピアンカップトーナメントの前に、このブランドはドイツサッカー協会の限定版パイロットスプリットクロノグラフを初めてリリースしました。 IWCがフットボール協会に関連する限定版の時計をリリースしたのはこれが初めてです。これは、ブランドがフットボール協会に連絡を取り始めたことを示しています。その背後にある意味は、IWCがフットボールの世界と協力して、ブランドのマーケティングを強化し、ターゲット顧客を開拓することです。 2010南アフリカワールドカップが成功裏に開催されました。IWCはドイツサッカー協会と正式に協力し、ドイツサッカー協会限定エディションのラージエンジニアクロノグラフをリリースしました。IWCはドイツサッカー協会によって指定された公式時計になり、ブランドは初めてワールドカップの舞台に登場しました。 2012年に、IWCはドイツサッカー協会と3度目の協力を行い、限定品の250個限定のドイツサッカー協会の時計の大規模なパイロットシリーズを発表しました。 ドイツサッカー協会との3つの協力により、IWCはサッカーと深く接触し、理解することができました。 しかし、IWCとドイツサッカー協会は強力な協力体制を持っていますが、最も影響力のあるドイツのサッカークラブ、ドイツのトップリーグの試合、有名なドイツのスターは、IWCとはほとんど交流がありません。

正月、職場に「やる気」が出ない!

ベルト、スチールモデル、クラシックな3ピン、日付表示が最も重要なことは、価格も手頃であるということです。これらのクラシックな要素により、職場に慣れていない「小さな新鮮な肉」にはあまりにも適しています。

この美しいハミルトンネイビーパイオニアウォッチは、シンプルでファッショナブルなアメリカンスタイルで、美しく、言うまでもありません。 線路の分目盛り、アラビア数字の時分と分、そして独自にデザインされたラグリンクストラップに基づいて、青いポインターはより魅力的です。 職場に新しい人がこんな美しい男を着ることができたら素晴らしいですね。 RMB:7950

SIHH購入する価値のある基本モデル

SIHHのポジショニングは比較的ハイエンドですが、近年、さまざまなブランドが複雑な機能と特別なクラフトウォッチを導入している一方で、より馴染みのある基本的なスタイルを導入することも忘れていません。これらのスタイルは、ブランドのエントリーレベルの時計に属しています。 、価格はそれほど高くなく、職人技も良いです。

しかし、時計を購入することと時計を見ることはまったく別物であり、支払わなければ、実際に支払ったときのもつれがわかりません。私の個人的な観点から見ると、時計を購入する際にはいくつか独自の基準があります。まず第一に、もちろん、目を持つ必要があります。つまり、気に入っていること、次に、時計が古くならないことです。結局、毎年、時計を購入するのではなく、単に購入したくないだけです。時計がリリースされてから1年後、製品の更新が繰り返されたために古くなりました。その後、時計の価格を気にしない大手暴君を除いて、価格は許容範囲内である必要がありますか?最後に、手を閉じて快適に着用する必要があります。

これは今年最もホットな時計になるかもしれません

1970年代には、ハイエンドのスポーツウォッチが人気を博しました。 オーデマピゲが1972年にロイヤルオークを発売した後、ヴァシュロンコンスタンタンが1973年に国境を越え、ギラールペルゴが1975年にラウレアートを発売し、1976年にパテックフィリップとIWCがノーチラスおよびエンジニアシリーズを発売しました。 当時、スイスの時計業界は日本の「クォーツ危機」に包まれ、存続しているスイスの時計ブランドは独自のクォーツムーブメントを開発し始めました。 同様に、このハイエンドのスポーツウォッチマトリックスバトルでは、ジラールペルゴのラウレアトが率先して独自のクオーツムーブメントを採用し、当時このハイエンドのスポーツウォッチは非常にコスト効率が高くなりました。

毎年サプライズがありますこれはランゲです

 ランゲは毎年旗艦作品を発表します。一般的に言って、それはランゲの最先端の時計製造基準を表す複雑なモデルです。 2013年はグランドコンプリケーション、2014年はリチャードランゲパーペチュアルカレンダー「テラルナ」、2015年はツァイトウェルクミニッツリピーター、2016年はダトグラフパーペチュアルトゥールビヨン、2017とは何ですか? TOURBOGRAPH PERPETUAL「プールルメリテ」であることは間違いない。 いずれも業界トップの時計であり、その複雑さは想像を超えることがよくあります。今年のランゲトゥールボグラフパーペチュアル「プールルメリテ」は、昨年のフラッグシップモデルよりも複雑で、今年のSIHH全体で最も複雑な時計の1つです。 1。

カルティエがもたらした1980年代のトレンド

前世紀の1970年代初頭の経済不況は、豊かさと物質的な生活の追求など、以前の「喧騒の年」の消費者快楽主義とは異なりました。過度に豪華なドレッシングはもはや主流ではなくなり、より多様なスタイルが登場しています。 70年代はロックミュージックの最も輝かしい時代でもあり、ハードロックやアヴァンギャルドロックに加えて、人気の高いロック(ポップロック)もあり、その人気は当時の若者に影響を与えました。 文化だけが服のスタイルに大きな影響を与えます。

«678910111213141516171819»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top