都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

Certina DS-8XingyueシリーズJinneng80レディースウォッチ

 1959年以来、セルティナは二重保険(DS)のコンセプトを採用しており、時計に並外れた実用性と耐水性をもたらし、その機能的なリーダーシップにより高い評価を得ています。それ以来、「DS」時計は セルティナの最も重要な傑作。2017年、セルティナは、ブランドの多くの優れた時計の古典的な機能に準拠して、エレガントで美しい新しい時計、つまりセルティナDS-8Xingyueシリーズパワーを発売しました。 80人の女性が見ています。見てみましょう。

衰えることのないファッションChanelPREMIÈREROCKウォッチ

 シャネルが高級時計製造の舞台に登場してから30年、1987年にシャネルは女性向けに設計された最初のプレミアクラシック時計で高級時計製造の仲間入りを果たし、それ以来、時計分野に独自のファッション要素を注入してきました。 。 プレミアウォッチの八角形の長方形の文字盤は、N°5の香水ボトルキャップの形状とパリのヴァンドーム広場の象徴的なシルエットに触発されています。過去30年間、シャネルウォッチのクラシックなファッション要素になりました。

パネライラジオミールシリーズ3日間ダイナミックストレージステンレススチールウォッチ

 パネライ、イタリア系の高級時計ブランド。 早くも1860年、古典的でタフなそれは伝説に満ちた歴史的な旅を始めました。 いつものように、枕の形をした大径のスタイルは決してトレンドに従わず、自己完結型でパネライの排他的な風景を形成する最もユニークなブランドスタイルを持っています。 2017 Geneva Haute Horlogerie Salonで、ブランドは独自の時計製造の伝統と称賛された現代的なレトロスタイルを組み合わせ、このPaneraiRadiomirシリーズの3日間ダイナミックストレージステンレススチールウォッチを発売しました。新しい時計はPaneraiを反映しています。 1930年代の時計はレトロな味わいが強い。

ジェーンはブレゲが受け継いだシリーズデイム7038レディースウォッチに報酬を与える

 女性用時計といえば、私たちの印象はほとんど表面に残っていますが、現代の女性の機械式時計への憧れは、私たちの予想外のレベルに達している可能性があります。 また、テーブルに固有の値があるかどうかにも注意してください。 スイスの時計ブランドは、近年女性市場に特に注目しており、200年以上の歴史を持つブランドであるブレゲもそのひとつです。2016年、ブレゲはトラディションシリーズに初めて女性時計を追加しました。 過去10年間、男性専用に設計され、ブレゲの純粋な時計製造の血統と強力な機械的特性を体現しています。女性的な要素の追加により、機械式時計を愛する女性は賢明な選択になりました。 今年、ブレゲは再びフェミニンなレディースウォッチをシリーズに追加しました。フェミニンな美しさと機械的な厳格さが再び組み合わされ、人々を魅了します。モデル:7038BR / 18 / 9V6 / D00D。

1936年製の試作「ラジオミール」を現代技術でリプロダクション

パネライの軍用時計としての歴史は第二次世界大戦前まで遡る。イタリア国防省が同社に対し、海軍の潜水部隊が着用できる防水時計の開発を要請。そこで1936年、視認性の高い蛍光物質「ラジオミール」を使ったダイバーズウオッチのプロトタイプの完成にこぎつけた。海中の水圧に耐える防水性能、ミッションをスムーズに行うための夜光機能という、海軍のリクエストに応えた本作をベースとする「ラジオミール」は、敵艦隊に対して有効な攻撃を加える特殊潜水工作員の装備品として認められたのだった。

IWCの新型ポルトギーゼ・クロノグラフは

創業150年以上の老舗にして、実直な時計作りで世界中で信頼を集める「IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)」。今回、同社随一のロングセラーシリーズである「ポルトギーゼ・クロノグラフ」が久しぶりにモデルチェンジされ、その魅力を高めた。最大の見どころは、自社製造ムーブメントの新搭載である。 

新作のコンセプトはアスレチック×レジャー=“アスレジャー”

エンジェルハートの最新コレクションは『MY Charming Time わたし時間を、咲かそう』のテーマのもと、「ラブスポーツ」と「スパークルタイム」の2ラインから2モデルずつが発表された。

橋本環奈さんは、アスレチックとレジャーを組み合わせた“アスレジャー”という独自コンセプトから生まれたラブスポーツを身に着け、イベントに登場し、
「高校生の誕生日に時計をプレゼントしてもらったことがあり、時計には贈られて嬉しいというイメージがあります」
と、自分のエピソードを披露。続けて新作ラブスポーツの感想を尋ねられると、次のように語った。
「すごくカワイイ!! この時計はドレッシーな服にもカジュアルな服にも合うので、様々なシーンで着用する時計として選んでいただきたいです。コンセプト通り、スポーツする時にも着けられるデザインですし、今日のようなフェミニンなコーデにも合わせやすいので、ファッションアイテムとしても使いやすいと思います」

バウハウス精神を体現する究極にシンプルな機能美

一見、ノモス グラスヒュッテの時計はいずれも雰囲気が似ているのだが、実はコレクションごとにデザインはまったく違っている。面、円、直線、穏やかな曲線を組み合わせたディテールが、雄弁に個性を主張している。その声に耳を傾けながら、じっくり選んでほしい。

もっともメジャーであり、シンボリックなのが「タンジェント」である。1992年に発売されたファーストコレクションで、機能面でもデザイン面でも多彩なラインナップを揃えている。そもそも同社の魅力のひとつは、デザインの完成度にある。芸術と調和を目指したバウハウスの精神は、インダストリアルデザインに多大な影響を与えたモダニズム芸術の走りだ。無駄なものは足さず、むしろ引いていく。実用性や視認性に重点を置き、“時”を刻む機能を具象化したスタイルこそ、本質なのである。

釣りに便利なタイドグラフと自発光ムーンフェイズ

ボール ウォッチ「エンジニア ハイドロカーボン ムーン ナビゲーター」Ref.DM3320C-SAJ-BK 27万5000円
マイクロ・ガスライトで自発光する大型ムーンフェイズと、セーフティロック・クラウンシステムが特徴的。2色に分けられた回転ベゼルと、文字盤外周の曜日表示をあらかじめセットしておけば、海の干満時刻が即座に把握できるタイドグラフ付きだ。自動巻き(Cal.RR1801)。ステンレススチールケース&ブレスレット。直径42mm(厚さ13.85mm)。100m防水。

“潜水艦戦”と名付けられたブルーPVDベゼルの人気者

ボール ウォッチ「エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア」Ref.DM2276A-S3CJ-BK 29万1500円
ブルーPVD加工を施したベゼルがスタイリッシュな大ヒットモデル。42mmチタンケースは16.5mm厚の大迫力で、ステンレススチール(ポリッシュ)とチタン(サテン)のコンビネーションブレスレットと組み合わせた。300m防水や8万A/m耐磁性能など、フラッグシップらしいプロスペックが秀逸。自動巻き(Cal.RR1102-C)、スイスCOSC認定クロノメーター。チタンケース。チタン+ステンレススチールのテーパー・ブレスレット。 

オーデマーズピゲロイヤルオークフロステッドゴールドウォッチの試飲

 1972年にAudemarsPiguet Royal Oakシリーズが誕生し、当然の現代的なクラシックな姿勢で腕時計のモデルを設定しました。1976年に、JacquelineDimierはGéraldGentaの1972年のクラシックなオリジナルを再解釈して作成しました。 最初のロイヤルオークシリーズのレディースウォッチ。 2017 SIHHの時点で、Audemars Piguet Royal Oakの45周年であり、Royal Oakシリーズのレディースウォッチの誕生40周年でもあります。AudemarsPiguetは、Royal Oakシリーズでは避けられないトレンドになっていますが、新しく発表されたRoyalOakシリーズのフロストゴールド「フロストゴールド」 時計は本当に目を引くです。ケースの特別な職人技が輝き、非常に目を引くです。 フィレンツェのジュエリーデザイナーであるCarolinaBucciは、Audemars Piguetと協力して、ロイヤルオークシリーズのレディスウォッチの伝説的なデザインを最新の技術で解釈し、非常に魅力的な輝くローズゴールドで新しい時計の作成に努めています。

アテネクラシックシリーズギルトルースターウォッチの試飲

 中国の歴史において、鶏は常に前向きで、日当たりが良く、時間厳守であるなどの才能を持っていました。男性的でエネルギッシュなオンドリは、常に活力と勤勉さを表しています。 2017年、スイスのユリシーズナルディンの時計は、エナメル金箔の金色のオンドリの時計で満たされたオンドリの干支の新しい年を開始し、新しい年を迎えました。 この時計では、オンドリは一貫して高い頭と胸を示し、エネルギッシュな外観を示しています。 そして、この時計は珍しいエナメル技術を使用しており、ブランドの革新的なアイデアと優れた技術を強調しています。

«4567891011121314151617»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top