都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

アクアレーサー 小笠原諸島ワールドヘリテージ 日本限定モデル

 1860年の創業以来、時計製造においてクロノグラフ機構に代表される数々の金字塔を打ち立ててきたタグ・ホイヤーは、モーターレーシングのみならず海やマリンスポーツの世界とも深く関わってきました。
 
 ダイバーズウォッチ「アクアレーサー」の定番コレクションに加え、日本限定モデルとして2001年から2010年まで、世界のマリンリゾート地をテーマにしたペアウォッチが発表され、人気を博しました。そしてこの度、日本限定のペアウォッチ コレクション「アイランド・ジャーニー(島への旅)コレクション」を発売。その記念すべき第1弾は、2011年6月29日に世界遺産に登録された小笠原諸島をイメージしたモデルです。
 
 <アクアレーサー>の中でも人気のシンプルな3針ダイアルに、このモデルだけの小笠原諸島をイメージしたディティールを採用。ダイアルとケースバックには、メンズ用は父島、レディス用は母島の形がそれぞれ描かれています。ベゼル上の50の数字はネイビーで、父島と母島の距離「50km」を表しています。また、サンレイ加工が施されたダイアルのオーシャンブルー、秒針の先端やインデックス、デイト表示窓の鮮やかなブルー、ケースバックの父島と母島のデコレーションのディープブルーなど、様々なトーンのブルーのグラデーションは、朝夕の光や季節によって変化する小笠原諸島の海や空の移り変わりを表現しています。
 
 メンズモデルは、40.5mmケースに自動巻きムーブメント「キャリバー5」を搭載。レディスモデルは27mmの小さなケースにクオーツムーブメントを搭載。どちらも、逆回転防止べゼル、300m防水機能を備えた本格的なダイバーズウォッチです。このモデルの売上の一部を小笠原諸島の自然保護に役立てるための寄付を行う予定です。

ラルフ ローレンクロノメーターにトゥールビヨン!

 

ラルフ ローレン本人のヴィンテージウォッチへの深い造詣から生まれる、クラシックかつ新鮮なデザイン。そして、リシュモングループの名門時計メゾンが供給する最高峰のムーブメント。このふたつから紡ぎ出されたラルフ ローレンのタイムピースは、時計愛好家から女性まで幅広い人びとを魅了する。

デビューから5年目を迎えた2013年のハイライトは何といっても、昨年に引きつづき登場した「RL67」という愛称をもつスポーティング コレクション、3つの新作だ。ひとつは公認クロノメーター。ふたつめはトゥールビヨン。そしてもうひとつは、昨年好評だったオートモーティブウォッチのRL67版である。

最高峰のクラフツマンシップで“詩的で優雅な時”を表現

 

高級時計は“時を知る道具”を超えた、時を豊かに楽しむための芸術品である。“ポエトリー オブ タイム(詩的な時の表現)”を製品コンセプトに掲げる「ヴァン クリーフ&アーペル」は、時計界でこの思想をどこよりも体現する存在だ。

2013年も美しさと優雅な動きで見るひとを魅了するアーティスティックな新作が、去る1月21日から25日まで、ジュネーブのパレクスポで開催された高級時計の展示会「SIHH(国際高級宝飾時計展、通称ジュネーブサロン)」で披露された。

今回のイベントでしか手に入らない限定アイテムも

 

150年の歴史を誇り、ラグジュアリーウォッチとジュエリーでわたしたちを魅了するショパール。そんなメゾンが選んだ今季のテーマ‟カラー”にちなみ、まるでカラフルなスウィーツのような愛らしいアイテムが「Precious Sweet Chopard~ショパールのスウィートな誘惑~」では勢揃いする。

会場には人気の定番ウォッチやスウィーツカラーのハイジュエリーを展示。そして、ダイヤルを自由に舞い踊るムービングダイヤモンドが人気の「ハッピースポーツ」からは、アリゲーターストラップとムービングストーンがパステルカラーを纏った「ハッピー スポーツ プレシャス スウィーツ エディション」や、ふたつのハートが輝きながら揺れるストーンを愛らしく包み込む「ハッピーハート リング」など、今回のイベントでしか手に入らないアイテムがお目見えする。

クロノ秒針にくわえ同軸の分積算計もフライバックする新機構を搭載!

 

クロノグラフ誕生190周年を記念してモンブランが開発した、新型ムーブメント「MB LL100」を搭載した「タイムウォーカー」コレクションの新作クロノグラフ。

“ツインフライ”とはツイン・フライバック機構の略。フライバック機構とはクロノグラフ作動中でもリセットボタンを押すとクロノグラフ針と積算計の針がゼロリセット、即座に再計測ができる機能のことだが、このモデルでは分積算計を時針分針クロノ秒針と同軸に配置してあるため、通常の分を読み取る感覚で積算計が読め、その赤く短い針がクロノ秒針と同時にゼロ復帰する(クロノ秒針と分積算計がツイン=一緒にフライバックする)機能が実現されている。

マニュファクチュールメゾン、モンブランの試み

 

2008年4月に「モンブラン ニコラ リューセック クロノグラフ」という完全自社開発の第1号モデルを発表して以降、自社内で機械式ムーブメントの開発・設計・製造・組立までを一貫しておこなう本格時計メゾン。いわゆる“マニュファクチュール”として認知され、時計愛好家にとって絶対に目の離せない存在となったブランドが、モンブランである。

筆記具を原点にしたこのラグジュアリー・ブランドがS.I.H.H.に初参加し、最初の時計コレクション「マイスターシュテュック」を発表したのは今から14年も前の1997年のこと。以来同社は着々と進化をつづけてきた。

リシャール・ミルならではの個性的なスタイルと強力なスペック

 

2010年からS.I.H.H.に出展を開始した「リシャール・ミル」。参加2年目の今年は、2001年のブランド創立からちょうど10周年を迎え、初の本格ジュエリーモデルなど、全部で6種類の新作を公開した。

ブランドとしてひとつの節目を迎えたわけだが、「時計のF1」というコンセプト、カーボンナノチューブなど時計界の常識を覆す最先端ハイテク素材の使用や独創的なメカニズム、そして最高の技術をもつ外部の専門工房にパーツを発注して組み立てる“マニュファクチュール・デジネー”と呼ばれる製造方法などは、創立当初からまったく変わらない。

50年には磨損の腕時計を作り

 2011年、新しい融合ハイテクセラミックレーダーの材質と金属の合金炭化チタンのCeramos炭化チタンセラミックスは、バーゼル表展を巻き起こす輪「ファインセラミックス熱」。最近「True Thinline」シリーズは薄い赤点を獲得したデザイン賞。
1957年に正式発売のブランドとして、スイスレーダー表多く瑞時計ブランドともいえる若い、正式に中国市場での販売は80年代初期のだが、中国の消費者にとって、それは印象に殘っている)を搭載し、祖先の記憶の「老ブランド」、この功績はレーダー年代末から上海"文匯報"や、上海テレビ局で印象的な広告を「レーダー表は摩耗」というスローガンに短い時間の内で津々浦々に知れ渡っている。

2016ゲーラ苏蒂オリジナルメンズ腕時計推薦入門する

 ゲーラ苏蒂オリジナルは2001年にSwatchグループ。Swatchで集団の中で、ゲーラ苏蒂オリジナルの製品はほとんど脱グループの色、使わないとあらゆるグループ内のその他のブランドのムーブメント、それにどんなはムーブメントデザインも表のデザインにおいても、グループ内のその他のブランドのスタイルとは明らかに違う、スタイル、独特徳味たっぷり。今日紹介何項のゲーラ苏蒂オリジナル入門するメンズ腕時計。


いち.ゲーラ苏蒂オリジナルSenator上院議員シリーズ100-03-32-42-04時計

ChopardショパンImperialeシリーズ新作腕時計を添え

 正直中国の新年が来て、ChopardショパンImperialeシリーズ新作腕時計を、1枚はラベンダー紫玉をダイヤルして新しいImperiale腕時計。


古の時代の特色を踏襲してローマ帝国の経典のシリーズは、Imperialeシリーズから上世紀は年代の誕生以来、2010年に再綻彩り、その調和の割合を美しいの詳細については、一連のロイヤル尊い元素の彫刻放つ無類の魅力的な気質。また、純潔と美しくの象徴として、自然と天城の気質を大胆果敢にした女性の心を虜にする。

ビジネス時計推薦、バセロンコンスタンチンOverseas Chronographクロノ腕時計

 同モデル腕時計を採用した直径42ミリ精鋼のケースは、組み合わせの霊感は同様に沿ってブランドマルタ十字美称のベゼル設計、表冠とネジロックボタン、保護機械から25、000ムーブメントガンダムA / mの磁場の影響の軟鉄内殻、紺の文字盤、ダイヤル光を夜18白金時間スケールと指針に飾って、靑い蝸牛型図案小さい文字盤コーディネートめっきロジウムダイヤモンド研磨面取りは、時間、分やをろく時位置の小さな秒針のほか、文字盤もカウントダウン機能搭載――跳秒針、をさんに位置さんじゅう分タイマーときゅう、く時位に放ったじゅうに時間タイマー、じゅうに時位置もある大型カレンダー表示窓、表の底が印刷されOverseas」の美称鋳造。

あなたの推薦、帕玛ジョニーTonda M E trographe Bleuアビス腕時計

 METROシリーズ——TONDA METROGRAPHEとTONDA METROPOLITAINE
Metroシリーズの腕時計を演じてきた世界各都会の風貌と魔力――そこの人や、支配している都市人の急速なリズム動向——これは帕玛ジョニー会社第一回発表このスタイルの腕時計。全シリーズ「Metrographe」を含む男性の金と「Metropolitaine」女款。


非対称長
男にも女の腕時計は、円やか形の精鋼ケースを採用、しかも、ラブラなキャラ、全体が優雅に。腕時計を見せてモダン都市化の設計により、ブランド網経典作品もさらにエレガントを思わせるTonda 1950腕時計。ムーブメントとそのケースも相当精密なデザイン、これを作成し、すっきりとエレガントなケース中間体。

«244245246247248249250251252253254255256257»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top