都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

中国杭州で開催されたグラスヒュッテオリジナル37クロノグラフアート展

ドイツとアメリカでの一連の展覧会の後、170年の歴史を持つドイツのトップウォッチブランド、グラスヒュッテのオリジナルの "Art of Chronograph"テーマ展示会が、初めて中国にやってきます。その不思議なベールは、杭州のGlasuビルにあります元の店は明らかにされた。この展覧会では、オリジナルのGlashütteブランドが、Glashütteの時計製造の歴史の中で一連の古典的なクロノグラフ作品を再現することによって、ドイツの機械芸術の魅力のクローズアップビューを得る機会を時計愛好家に提供します。ハイエンドクロノグラフ製造のグラスヒュッテ独自の伝統をより直感的に理解。

Jaquet Droz Jacques Rodriguez感謝祭母「テーブル」愛

母の日は母に感謝する祭りです。 古代ギリシャで始まった。 1月8日の日、古代ギリシャ人はギリシャの神々の母レアに敬意を表しました。 17世紀半ばに、母の日はイギリスに広がり、イギリス人は断食期間の第4日曜日を母の日として使用しました。 この日、家を離れた若者たちは家に戻り、母親に優しいことに感謝するために小さな贈り物を母親に持って行きます。 時間が飛ぶ、時間はシャトルのようなもの、そして今、ジャック・ド・ロイはすべての感謝の友情を思い出すためにポインタを使っています。そして、それは母親の慎重な子育てに対する私たちの感謝のサインです。

高トランス「継承プロジェクト」の手作りウォッチが出ました

職人技を結集し、職人技を引き継ぐという強い意欲によって動かされて、「ル・ガルド=テンプス -  Naissance d’une montre」プロジェクトはねじれと回転を経験しました、そして今、それは完全に組み立てられた実用的な腕時計を始めます。私たちは最初の時計を(2016年末までに配達される予定です)先行販売することを誇りに思っています。この時計シリーズは11の時計で構成され、この山岳作品は数人の時計職人の粘り強さを物語っており、過去を追求し続けることを決心しました。この時計はまた、技術的な探究と人間の歴史を目撃しました。この新しい作品は歴史の新しい章でもあり、時計製造の遺産でもあります。さらに、それはPhilippe Dufourによって設定された品質基準と完全に一致しており、時計製造プロセスの価値は自明です。

タイムトイクロノグラフの歴史物語

最も初期のクロノグラフは、1821年にフランス人のニコラス・リューセックによって考案されましたが、この人は馬に賭けるのが好きなので、そのときに考案されたクロノグラフは競馬に使用されました。当時のクロノグラフは、現在と同じくらい複雑ではなく、開始と終了だけでなく、時間を計算するための「ドリップインク」の使用だけでなく、本来の意図を失うことなく「単純」でもあります。停止ボタンを押すと、インクの滴がダイヤルに滴下しますこれは使用時間を示すサインです。


残念ながら、このタイマーでは一度使用したクロノグラフ針を12時の位置にすばやく戻すことはできず、次回から再スタートする必要があります(このプロセスを時計の「ゼロ復帰」と呼びます)。実用性は高くありません。 19世紀の半ばまでに、タイマーは3段階の「スタート - ストップ - ゼロ」に改善され、実用性は大幅に向上しました。

Robin MeierがAudemars Piguetのカスタムプランの最初の作品を作成

スイスの高級時計ブランドであるAudemars Piguetは、スイスのアーティスト兼作曲家Robin Meierが、Audemars Piguetアートカスタマイズプログラムの最初のアーティストとして選ばれたことを発表いたします。 Meierは、有名なゲストキュレーター、Marc-Olivier WahlerとAudemars Piguetと共同で、重要な新しい芸術作品を制作し、2015年6月には、このアートワークをバーゼルで開催されるArt Basel展で発表します。 Meierのサウンドデバイスは「同期」をテーマにしており、自然な動きの自発的な再現も重要な要素であり、一見無関係の概念と物は調和して単一のリズムに統合されています。

ブランパンが「Heart of the Ocean」展を開催

ブランチェーンの社長兼最高経営責任者であるマーク・ハイエク氏のプレゼンテーションの中で、ブランパンの「ハート・オブ・ザ・シー」展は2015年のバーゼルウォッチとジュエリーフェアで正式に発表されました。 訪問者はこの機会に広大な水中世界を探検し発見し、ブランパンが長く後援してきた環境保護団体の効果的で広範囲にわたる結果について学ぶことができます。 現在までに、220万平方キロメートルを超える海域が保護に含まれています。特に、ブランパンは、2012年のブランドと「Original Ocean Exploration Program」プロジェクトがピトケアン諸島に深く入り込んだ後、近くにあったことを誇りに思います。 海域は最近、世界最大の独立した海洋自然保護区を設立しました。

「仮面ライダー」×「ZINVO」コラボ 変身ベルトデザインの腕時計

バンダイグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ、東京都港区)は、特撮ドラマ「仮面ライダー」とアメリカの時計ブランド「ZINVO(ジンボ)」がコラボレーションした「仮面ライダー×ZINVOコラボレーション腕時計」全3種を、2019年5月9日にバンダイの直販サイト「プレミアムバンダイ」で予約受付を始めた。発送は8月の予定。

旧1号のホワイト、新1号のレッドなど全3色
「ZINVO」ブランドのシリーズ「BLADE COLLECTION」から、「仮面ライダー」バージョンを商品化。秒針の"タービン"が回転する仕様で、仮面ライダーの変身ベルト「タイフーン」を彷彿とさせるデザインを採用する。

ディズニーアニメ「アラジン」コラボモデルの腕時計 1300本限定

シチズン時計は、「wicca(ウィッカ)」ブランドから、ディズニーアニメ「アラジン」コラボレーションモデルの腕時計を、1300本限定で2019年6月上旬に発売する。

「アラビアンナイト」イメージのゴールド&ブラックカラー
発表資料によると「wicca」は、女の子がときめくデザインに、太陽などの光で充電でき、定期的な電池交換が不要の「ソーラーテック」など機能性を備える。

「アラジン」の世界観を表現したモデルは、文字盤の12時の位置にはエメラルドグリーンのスワロフスキー・クリスタルをあしらい、その周りには「魔法のじゅうたん」のモチーフを施す。文字盤中央には、アラジンからプレゼントされた"蓮の花"のパターンを大きくプリント。

「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化

私はApple Watchを、時折大胆なチャレンジを挟みながらも、近年のデジタル製品の歴史にはない丁寧なものづくりが行われた特筆すべき事例だと見ている。

 エルメスの職人たちは、毎年、その年のテーマを決めてはインスピレーションを求めて旅に出るという。そうすることで、例えばスカーフ1つにも「地中海の港町」や「ナイル」と言った深いストーリーが与えられるようになる。

  Apple Watchの開発チームも製品のストーリーを大事にする姿勢に変わりはない。初代Apple Watchを作ったとき、開発チームは厚さ5cmにも及ぶ分厚いコンセプトブックを用意した。

上質なエントリー機グラン・ウール ミニット

 

上質なエントリー機

ガルバニック仕上げのスレート文字盤でエントリー価格を実現。

ケース径: 43mm
ケース素材: SS
ベルト素材: アリゲーター
防水: 3気圧
ムーブメント: 自動巻き
価格: 予価92万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P32
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ダイヤルもセラミックに グラン・セコンド パワーリザーブ ブラックセラミック クル・ド・パリ

 

ダイヤルもセラミックに

ダイヤル周囲にクル・ド・パリ装飾を施した。限定28本。

ケース径: 44mm
ケース素材: セラミック
ベルト素材: ファブリック
防水: 3気圧
ムーブメント: 自動巻き
価格: 予価183万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P32
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

立体回転する時計のメリーゴーランド アストロノミア ブラックセラミック

 

立体回転する時計のメリーゴーランド

立体複雑時計を、キャリッジまで含めオールブラックに仕立て直した。地球は赤いマグネシウム製。裏蓋に2つのリューズを持ち、右が針合わせ、左が巻き上げ用。火星を赤く象るのは、ルべライト。宝飾で鍛えたブランド独自のカット技術で、288面体に成型してみせた。この球体自体もダイヤル上で回る。

ケース径: 50mm
ケース素材: セラミック
ベルト素材: アリゲーター
防水: 30m
ムーブメント: 手巻き
価格: 予価5200万円
出典: 時計Begin 別冊付録 vol.92 2018 SUMMER P32
※掲載記事は、雑誌『時計Begin』および別冊に掲載された記事の抜粋です。商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となります。現在の仕様や価格、情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

«2021222324252627282930313233»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top