都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

『時計以上の何か』では、型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法

 オーデマ ピゲが2019年10月19日から11月4日まで、東京ミッドタウン(芝生広場)で『時計以上の何か』と題したエキシビションを開催します。このオーデマ ピゲが受け継ぐ地理的、文化的、歴史的遺産を感性で巡る旅は、東京ミッドタウンが〝デザインを五感で楽しむ〟をコンセプトに毎年開催し、今年で13回目を迎える「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」の一環として行われるものです。

『時計以上の何か』では、型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法の研鑽を重ね、職人技の追求を続けるオーデマ ピゲの職人たちのストーリーを紹介します。マティユー・ルアヌールの着想をもとに、ダン・ホールズワースや池田亮司、アレクサンドル・ジョリーらのアート作品で彩られるエキシビションは、コンテンポラリーアートやデザインというレンズを通してマニュファクチュールの故郷や職人技、そして時の複雑性を視覚化します。オーデマ ピゲにとっては、さまざまな創作の間で交わされる創造的な対話や豊かな交流を促し、アーティストとの長きにわたるコラボレーションを育む場にもなっています。

オリンピック・パラリンピックまで残り1年を祝福し

このカウントダウンにあたり、スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長 クリストフ・サビオ、東京2020組織委員会 会長 森喜朗氏、オメガ タイミング CEO アラン・ゾブリスト、国際オリンピック委員会のジョン・コーツ氏が参加しました。さらに、開催都市を代表して東京都知事 小池百合子氏、東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 深澤祐二氏も、ゲストスピーカーとしてご登場くださいました。

 スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長のクリストフ・サビオは、「オメガとスウォッチ グループ ジャパンを代表して、この非常に素晴らしい場にいることを誇りに 思います。ブランドに携わっている人はもちろんですが、開催都市の皆さまも、期待と興奮の入り混じった特別な感情をいだいていることと思います。」と挨拶しました。

ランゲ1のダイヤルのプロポーションを変えずに若干拡大した

グランド・ランゲ1の直径は、クラシックモデルのランゲ1のそれよりも2.5ミリ大きくなっています。この二つのモデルを並べてみると、ランゲ1のダイヤルのプロポーションを変えずに若干拡大したのがグランド・ランゲ1であることが分かります。ランゲ1誕生25周年を祝う今年、グランド・ランゲ1もブルーのアクセントが美しいシルバーカラーのダイヤルをホワイトゴールドケースに収めたアニバーサリーエディションとして、25本限定で製作されます。

 グランド・ランゲ1では、一瞥しただけでは分からないところに新機軸が盛り込まれています。ダイヤルには、ランゲ1よりも大きめの時刻、アウトサイズデイト、パワーリザーブの各表示が重ならないように、ランゲ1と同じく黄金比で均整をとってオフセンターに配置されています。当然のように聞こえますが、これを実現するためには時針と分針の軸を外側へずらす必要がありました。それは、専用のムーブメントを開発することを意味します。

【PANERAI】 パネライ、新体制でコレクションを再編!

まずウォッチコレクションの再編だ。これまでは「ラジオミール」、「ラジオミール1940」、「ルミノール」、「ルミノール1950」、「ルミノール ドゥエ」の5コレクションであったが、新体制では「ラジオミール」、「ルミノール」、「ルミノール ドゥエ」、「サブマーシブル」の4コレクションの構成となる。ラインナップをコンパクトにまとめ、サブマーシブルがコレクションのひとつとして格上げされたことが大きな違いだ。それに伴い、サブマーシブルはダイヤル上のロゴが変更となり、これまでの「LUMINOR SUBMERSIBLE」から、今年からは「PANERAI SUBMERSIBLE」へと変更になっている。従来のサブマーシブルも順次この仕様に変更されていくという。

【ヴァシュロン・コンスタンタン】ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表

ネイビーを含むブルーは、西洋文化では古くから好まれており、調和や協力、栄光、勇気を表し、フォーマルシーンでは欠かせない色だ。時計業界でも文字盤カラーに採用される白と黒に次ぐ第3の色であった。今年ジュネーブきっての老舗メゾンであるヴァシュロン・コンスタンタンは、ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表。ドレッシーなパトリモニーからは時・分表示の2針モデル、3針モデルとレトログラードのデイ/デイトモデル。またクラシックなフィフティーシックスからは3針モデルとコンプリートカレンダーモデルが登場。さらに今年新たに登場したオーヴァーシーズのトゥールビヨンモデルやパーペチュアルカレンダーモデルにも同じネイビーダイヤルを採用。既存のカラーバリエーションも含め、これら7本のネイビーダイヤルの新作モデルが一群となって登場することで、迫力のあるラインナップとなった。2019年は多くのブランドでブルーダイヤルモデルが見られるが、そのトレンドのセンターポジションに座るのはこの老舗メゾンに間違いない。 

【IWC】アイ・ダブリュー・シー、人気のパイロット・ウォッチがモデルチェンジ!

6つのピラーコレクションからなるIWCは、その中から毎年ひとつのコレクションを刷新することが恒例になっている。2019年は出展ブースに2年かけてレストアされた1943年製のプロペラ戦闘機、スピットファイアの出迎える演出が示すように、スポットライトがあてられたのは、同社のなかでもとりわけ人気のある「パイロット・ウォッチ」だった。

パイロット・ウォッチは2016年と2012年にもリニューアルされており、IWCに6つのコレクションがあるからといって、必ずしも6年に一度の刷新があるわけではない。短い期間で新作が出るということはそれだけ注目が集まるコレクションという証明でもある。そんな中で今回はパイロット・ウォッチの中でも本命のマークシリーズではなく、弟分にあたるスピットファイアシリーズを中心に、トップガンシリーズやプティ・プランスシリーズからの新作発表となった。

センチュリーセンチュリーウォッチウォッチ2016年新バーゼルウォッチ展

これは一年で最も美しい季節にぴったりの時計です。CENTURYセンチュリーウォッチプリマヴェーラはstreamのぼりで時計を上げ、夜明けの自然な瞬間を賞賛し、地球に戻ります。

       この珍しい時計は、人々が貴重な壮大な機会に身に着けるように設計されています。 PRIMAVERAウォッチは、センチュリーセンチュリーウォッチコレクションの誘惑シリーズです。楽しくて陽気な気質は、言葉では言い表せないほどの優雅さを醸し出し、オートクチュールファッションのようです。驚くほど素晴らしい効果。

Haolang Time 2016BASEL Watch新製品

2016年バーゼルウォッチショー(BASELWORLD)は終了しましたが、展覧会中には、時間を読めず多くの人の注目を集める「迷路時計」があると思います。スイスの独立時計ブランドであるHAUTLENCEの製品です。時計業界の小さな新鮮な肉として、HAUTLENCEは革新的な時計製造スタイルで多くのスーパーコピー時計ファンの注目と熱意を獲得し、今年SIHHとBASELWORLDの2つの展示会に参加しました。

私はしばらくそれを読むことができません。

 マスターストリングウォッチRef 6300は、パテックフィリップの現在のスーパーコンプレックスウォッチの中で1位にランクされる新しいスーパーコンプレックスウォッチです。この両面時計は、5つの計時機能を含む20の汎用機能を備えており、そのうち2つは世界初です。ダイヤルの任意の側面を上向きに着用できる特許取得済みの回転装置を装備しています。同じ名前の記念スーパーコピー時計とは異なり5175、後者にはオリジナルの手彫りのローズゴールドケースが装備されており、7個に制限されています。この新しいマスターストリングウォッチは、手彫りのパリジャンスタッズ付きホワイトゴールドケースを備えており、パテックフィリップのレギュラーウォッチコレクションに属しています。もちろん、マスターストリングウォッチの作成プロセスにはまだ時間がかかります。 6300は貴重で希少です。時計は計時のために3つのゴングを使用します。これは、大型の自動鳴動装置または小型の自動鳴動装置を介して15分ごとに自動的に報告されるか、3問の計時機能を介して必要に応じて正確な時間を正確に報告できます。また、目覚まし時計のようにプリセットすることもできます時間は大音量です;より長い間隔で報告すること、つまり、必要に応じて日付を鳴らすデバイスを使用して正確な日付を示すことも可能です。これらのビープ音モードは、ダイヤルの同じ側に表示され、ムーブメントのパワーリザーブとタイミングデバイスの時間、セカンドタイムゾーン、ムーンフェイズ、日付、パワーリザーブも表示します。ダイヤルの反対側には、永久カレンダーが表示されます。センターには、4桁の年とその周りに4つの補助ダイヤルが表示されます:うるう年付きのポインター型の日付表示は6時、9時の日表示、3時の月表示、12時の24時間表示です。場所。

タフに使えるシーマスターが質感高くタウン仕様に!

2018年にリファインされた300m防水の人気シリーズに加わったセラミックケースバージョン。ほかの同一バリエーションより、サイズが1.5mmアップされて43.5mm径に。自動巻き
シーマスターで印象的なのは、ジェームズ・ボンドが使用して本格的なスペックを有するダイバー300Mやシーマスター300でしょう。これらはこれまで、スピードマスターほど斬新な素材が使われる傾向ではありませんでしたが、本機はひと味違います。

昨年の新作である“アポロ8号”スピードマスターに採用されて記憶に新しい、ブラックセラミックケース。スピードマスターが時計の世界観を優先したのに対し、本シーマスターは着け手のスタイルに合う時計に仕上げています。ボンドにもビジネスマンにも似合う時計。シーマスターは着け手に寄り添うのです。

サビに強く、美しい光沢をキープする高級ステンレスを初採用

耐衝撃性と耐磁性に優れる実用的な機械式時計であるボール ウォッチの「エンジニア」において、「エンジニア Ⅲ」は最新鋭のテクノロジーが導入される先進的なコレクションです。丸みを帯びた流線型フォルムを特徴とし、スポーツモデルながらドレス系ウオッチに通じるエレガントさも兼ね備えているのが特徴です。

ちなみに「オハイオ」という名称は、ボール ウォッチ創業者のウェブスター・クレイ・ボールが、正確な鉄道時計を構築した地、クリーブランドがある米国の州のことです。すなわち、同社哲学=“あらゆる過酷な環境下で正確に時を告げる”を具現化した腕時計であることを意味しているのです。

高度な技術と意匠、実用性を備えたヴァシュロン・コンスタンタンの1本

GMT針がホームタイムを12時間表示し、その昼夜表示を9時位置に配した、世界を旅するトラベラーのためのオーヴァーシーズ。いかなる土地に出向いたとしても不安のない、15気圧の防水性能も備えた本格派のスポーツウオッチだ。写真のブレスレットのほか、交換用のアリゲーターとラバーのストラップが付属する。ケースはSS製で直径41mm、厚さは12.8mm。自動巻き
男はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない──いろいろな訳がありますが、これはある日本映画のキャッチコピーとして使われ一挙に広がったものです。しかしもともとは作家レイモンド・チャンドラーが書いた小説『プレイバック』の、私立探偵フィリップ・マーロウの名台詞。紳士のたしなみを象徴するようなことではないでしょうか。この小説が書かれたのは、1958年ですが、いまでも通用するものです。いや、殺伐としたことも多いいまだからこそ、大いに謳いたい言葉ではないでしょうか。

«23456789101112131415»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top