都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

タフに使えるシーマスターが質感高くタウン仕様に!

2018年にリファインされた300m防水の人気シリーズに加わったセラミックケースバージョン。ほかの同一バリエーションより、サイズが1.5mmアップされて43.5mm径に。自動巻き
シーマスターで印象的なのは、ジェームズ・ボンドが使用して本格的なスペックを有するダイバー300Mやシーマスター300でしょう。これらはこれまで、スピードマスターほど斬新な素材が使われる傾向ではありませんでしたが、本機はひと味違います。

昨年の新作である“アポロ8号”スピードマスターに採用されて記憶に新しい、ブラックセラミックケース。スピードマスターが時計の世界観を優先したのに対し、本シーマスターは着け手のスタイルに合う時計に仕上げています。ボンドにもビジネスマンにも似合う時計。シーマスターは着け手に寄り添うのです。

サビに強く、美しい光沢をキープする高級ステンレスを初採用

耐衝撃性と耐磁性に優れる実用的な機械式時計であるボール ウォッチの「エンジニア」において、「エンジニア Ⅲ」は最新鋭のテクノロジーが導入される先進的なコレクションです。丸みを帯びた流線型フォルムを特徴とし、スポーツモデルながらドレス系ウオッチに通じるエレガントさも兼ね備えているのが特徴です。

ちなみに「オハイオ」という名称は、ボール ウォッチ創業者のウェブスター・クレイ・ボールが、正確な鉄道時計を構築した地、クリーブランドがある米国の州のことです。すなわち、同社哲学=“あらゆる過酷な環境下で正確に時を告げる”を具現化した腕時計であることを意味しているのです。

高度な技術と意匠、実用性を備えたヴァシュロン・コンスタンタンの1本

GMT針がホームタイムを12時間表示し、その昼夜表示を9時位置に配した、世界を旅するトラベラーのためのオーヴァーシーズ。いかなる土地に出向いたとしても不安のない、15気圧の防水性能も備えた本格派のスポーツウオッチだ。写真のブレスレットのほか、交換用のアリゲーターとラバーのストラップが付属する。ケースはSS製で直径41mm、厚さは12.8mm。自動巻き
男はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない──いろいろな訳がありますが、これはある日本映画のキャッチコピーとして使われ一挙に広がったものです。しかしもともとは作家レイモンド・チャンドラーが書いた小説『プレイバック』の、私立探偵フィリップ・マーロウの名台詞。紳士のたしなみを象徴するようなことではないでしょうか。この小説が書かれたのは、1958年ですが、いまでも通用するものです。いや、殺伐としたことも多いいまだからこそ、大いに謳いたい言葉ではないでしょうか。

ディズニーが認めた「シチズン」腕時計の実力

今年創業100周年を迎えたシチズン時計が、海外で攻めている。3月には米ウォルト・ディズニー・カンパニーと公式時計契約を締結。認知度とブランド力の向上を図っている。10月には米フォッシルグループと業務提携し、スマートウォッチ分野に本格参入する方針を示した。
腕時計市場はスマートフォンやウェアラブル端末の普及を受け、縮小傾向だ。腕時計型スマートウォッチの象徴ともいえる「アップルウォッチ」は昨年世界で約1800万台出荷されたとの調査もあり、「世界で最も売れた腕時計」(腕時計業界関係者)とも言われている。
フォッシルとの提携についても「悪あがき」(国内証券アナリスト)との声が上がる。縮小する腕時計市場でいかに生き残るのか。シチズン時計の戸倉敏夫社長にディズニー公式時計契約とフォッシルとの提携の狙いを聞いた。 

世界初、押せる鍵盤をそなえる腕時計型シンセサイザー「Synthwatch」登場

こんな風に、鍵盤が山型になっているから小さな鍵盤でも押さえやすいという。ただの鍵盤風ウォッチではないぞと、そんな意気込みを感じますね。

プロが厳選! ボーナスで買いたい、10万円以下で買える腕時計5選

携帯電話の普及とともに、腕時計を着用するビジネスマンも少なくなりました。しかし商談中などあらたまった場面で、ポケットからスマートフォンを出して時間を確認するのはどうでしょうか。社会人としての自覚を持つならば、腕時計のひとつは必要です。

限りなく種類がある時計ですが、今回は若手社会人におすすめの、10万円以下で買える時計選びについて解説します。

まずはビジネスシーンで使う時計選びの基準です。

華美でない、飽きないデザイン

ジャガー・ルクルト ポラリスの真打がついにファミリー入り!

今年1月開催のジュネーブサロンで、メモボックス・ポラリス誕生50周年記念の新コレクションを発表したばかりのジャガー・ルクルト。そこに早くも、新たなモデルが! 多機能を誇るその新作は、同コレクションのフラッグシップ的存在となりそうだ。

新作のルーツは、1968年に登場した「メモボックス・ポラリス」。水中での音色を高めるトリプルケースバックが特徴のアラーム機能付きダイバーズだ。今年発表の新コレクションでは、ラグが短く、ベゼルがスリムになるなどデザインが一新され、オリジナルの大胆さをキープしながら、よりコンテンポラリーなスタイルに生まれ変わった。

日本限定発売のスピードマスター プロフェッショナル

東京2020オリンピックで29回めのオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガ。今回の日本限定発売モデルは、人気の“ムーンウォッチ”をベースにオリンピックにちなんだ意匠が満載! なんと文字盤上のロゴは、オリンピックにちなんですべて“ゴールド”製。タキメーター装備のアルミニウム製ベゼルも五輪カラーをイメージし、ブルー、ブラック、グリーン、レッドを採用。ケースはSSとSS+ゴールド(18KYGもしくは18Kセドナゴールド)。

またポリッシュ仕上げのねじ込み式ケースバックにも、オメガのロゴのほか、東京2020オリンピックのエンブレム、「LIMITED EDITION」の文字と限定番号が入っている。ムーブメントは、手巻きキャリバーCal.1861を搭載。

スイスジャーマンの名門が考える究極のユニークピース

時計ツウをうならせるH.モーザーより、新作のパーペチュアルカレンダーが登場した。このモデル、じつは特別な経緯のもとに製作されている。

新作「ヘリテージ・パーペチュアルカレンダー ユニークピース」の開発は、CEOエドゥアルド・メイラン氏とある日本人との出会いに始まる。意気投合した2人は、同社の時計について語り合ううち、作品を一から作ることで同意。実際にシャフハウゼンの工房を訪れ、開発責任者たちと協議を重ねながら、1年近くかけて完成したのが本作なのだ。

ユニークな美しさのテイスティングシャネルH4864-38 mm

2000年、シャネルのスーパーコピー時計によって発表されたJ12シリーズは、現代の時計製造の新しいファッションの章を発表しました。このハイテク精密セラミック時計は、技術と美学の点で革新的です。スタイルのパラダイム。 J12ウォッチは、モダンなエレガンスとカジュアルなスタイルを兼ね備えており、群衆から際立っています。時計の色は黒または白のどちらかであり、お互いに引き離されており、ファッションのユニークなスタイルを裏付けています。一緒に見てみましょう:(時計モデル:H4864-38 mm)
   
J12シリーズの時計は、現代の女性のニーズから始まり、エレガントでモダンなデザインで女性的な魅力を示しています。この時計は主に白で、ほとんどの女性の好きな色に合わせてピンクの要素があります。ダイアルの直径は38 mmで、大きなダイアルはよりニュートラルです。

あなたにこれらの手首の仲間を送って、時間とともに新しい春を始めてください

2018年の春祭りの足跡はどんどん近づいてきており、私たちに属する伝統的な祭りが間もなくやってくるということを意味します。 できる唯一のことは、現在を把握し、自分のために段階的な要約を作成し、2018年の計画を立て、時間との競争を続けることです。 これに先立ち、時間を記録するために使用される時計ロレックスコピーがより重要でした。 それは合理的な手配をするのに役立つだけでなく、着用者の独特の味と魅力を示すことができるからです。 今日の時計屋は、新しい春の始まりに役立つ3つのスタイリッシュで素晴らしい手首の仲間をお勧めします。 

複雑でエレガント邂逅テイスティングブランパンクラシックシリーズカルーセルムーンフェイズウォッチ

構造は異なりますが、「カルーセル」として知られるカルーセルは、ムーブメントの動きに対する重力の影響を軽減するように設計されたトゥールビヨンと同じです。 2つのドライブトレインがあります。1つは脱進機に動力を供給するためのもので、もう1つはフレームキャリアの速度を制御するためのものです。 ただし、コストと生産要因により、Carrouselは100年以上にわたって防塵されています。 幸いなことに、現代の機械式時計の製造はこの構造の美しさに戻り、スイスの高級時計ロレックススーパーコピーブランドであるブランパンは、2008年に世界初の1分間のカルーセル飛行を生み出し、再びこの大きな複雑な機能を時計製造の前面に押し上げました。 。 2014年、ブランドは再びデザインのソースとしてカルーセルを使用し、ブランパンヴィレクラシックシリーズカルーセルムーンフェイズウォッチを発売しました。 、深い印象を残します。 以下で、一緒に見てみましょう。 

«1516171819202122232425262728»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top