都会腕時計の報道について

小林 裕通のブログ

イエーガー-ルクールマスターシリーズQ1362520時計

この時計は18Kローズゴールドケースで作られています。ローズゴールドは金と銅の合金です。非常にファッショナブルで美しいローズレッドの色から、ローズゴールドと呼ばれています。 ローズゴールドは金と真鍮の合金であるため、ある程度の価値の保存もあり、ローズゴールドの時計が高価な理由でもあると思います。 上記で推奨されているこの時計の39mmの白い文字盤は、シンプルでエレガントです。 6時の日付設定とムーンフェイズ表示。 Cal.925自動巻きムーブメント、43時間のパワーリザーブ、茶色のアリゲーターレザーストラップ付きの18Kローズゴールドケース、それは新鮮さと深さの組み合わせです。 

ロレックスデイトジャスト116233シャンパンダイヤモンドウォッチ

貴金属はもちろん金であり、金の時計に関してはロレックスも言及しなければならないので、私は下品さを免れません。この超古典的な金の作品をみんなにお勧めします。 ロレックスは、今日の時計、特にジンラオで最も価値を維持しているブランドの1つであり、世界中のカジノでジンラオが直接現金と交換できると聞きました。 金は最も価値のある貴金属であるはずなので、金の時計は他の普通の時計よりも高価であることは当然のようです。 

オメガコンステレーションシリーズ123.20.35.20.02.001時計

有名な「グリフ」(グリフ)と目を引く文字盤を備えたオメガコンステレーションシリーズは、時代を超えた魅力的なデザインコンセプトを示しています。 この時計は、シルバーの文字盤、3時のカレンダーウィンドウ、耐摩耗性のサファイアクリスタルを備えています。 35mmステンレススチールケースには、ローマ数字が刻印された18Kレッドゴールドベゼルと18Kレッドゴールドスチールブレスレットが装備されています。 この時計は2500の同軸ムーブメントを備えており、その動きはサファイアケースの裏側からはっきりと見えます。

Longinesメカニカルウォッチは成熟した男性の優雅さを生み出します

Longinesは、中国で最も広く認知されている時計ブランドの1つです。そのエレガントな外観と手頃な価格の位置付けは、消費レベルの高い多くの人々に認められており、その長い伝統と優れたパフォーマンスサポートも 良い評判。 35歳の男性がロンジンの時計を着用するのは適していますか?
35歳の男性がロンジンの時計を着用するのは適していますか?時計を購入したい多くの人がこの質問をします男性用の珍しいアクセサリーの中で、時計は非常に重要な位置を占めていますが、あなたの気質に合った時計を選択してください 非常に難しいです。35歳に適した時計はどのようなものですか? 35歳の男性は優雅な気質を持ち、どこにでも男性的な魅力を醸し出しています。これはロンギンズのデザインコンセプトと一致しています。 ロンジンは100年以上の歴史があり、常に最高品質の仕事の哲学を守り、時間と職人技の革新に常に努めています。 職人技の時間を計る継続的な努力のおかげで、Longinesは今や精度の代名詞になっています。 編集者は、35歳の男性が選択できるようにいくつかのLonginesメカニカルウォッチを推奨しています。 

セイコSRP021J1メンズウォッチの改良を続ける

清子は日本の三大時計製造ブランドのひとつであり、価格帯は数千元から数十万円と非常に広く、幅広い選択肢から選べると言えます。唯一保証されているのは、セイコのブランドの品質は絶対に素晴らしいことであり、彼らの献身的な精神は世界から学ぶ価値があります。今回は、時計製造の卓越性を反映した、細部にまでこだわった日本製のセイコウォッチ「セイコSRP021JJ」を体験します。
     セイコSRP021J1はメンズ自動機械式時計で、ステンレス製で、丸いケースの外輪に銀色の光沢が流れています。ステンレス素材は強いメタリックな雰囲気を醸し出しており、メンズウォッチとしては男性の男性的な美しさを際立たせています。文字盤は白で、シルバーのポインターと時間マーカーが点在しており、静かでエレガントな気質を表しており、人々に異世界の感覚を与えています。 12時のマークの下にあるのは、時計の文字盤を非常によく装飾し、シンプルな文字盤のデザインをよりクラシックにするSeikoブランドのLOGOです。また、セイコはこの時計にステンレス製の折りたたみ式バックルストラップを追加し、さらに男性的なものにしました。

スポーツファッションモデルグッチパンテオンシリーズ時計おすすめ

 ファッションラグジュアリーブランドのグッチは、その独特の絶妙な職人技で世界に知られています。時計の分野への参入に成功したグッチは、100年前の絶妙な職人技とデザイン哲学を継続し、ファッションの人々の新しい消費者のお気に入りになっています。本日発表された時計はパンテオンシリーズのもので、モデルは185622 I16301261です。
     グッチパンテオンシリーズ185622I1630 1261は、人気のファッションブランドのような派手な要素がなく、プロの時計ブランドに近く、プロ意識を持って市場の信頼を得ています。この時計は、ステンレス鋼を使用してケース、クラウン、ストラップなどを作り、その動きの位置を示し、ベゼル、クラウン、両側のボタン、ストラップのエッジとコーナーを磨いて滑らかで柔らかな質感を表現しています。他の部分はつや消しで、薄暗い金属色と明るい鏡の質感が一緒になって絶妙な外観を示しています、スポーツはこのようでなければなりません。ディスクの表面は黒で装飾され、ディスクの表面はサンバーストパターンで装飾されています。これにより、目を追跡し、さまざまな角度から同じ視覚的インパクトを与えることができます。ディスク表面には3つの小さな文字盤と窓が散りばめられて配置されています。3時にブランドロゴがあります。これは標準ほど伝統的ではありません。直径44mmは、メンズスポーツウォッチに最適なサイズで、クロノグラフのスペースを確保し、クロノグラフデータの読み取りを容易にし、男性向けの大胆で大胆なスタイルを実現しています。

再び現れる栄光ランゲ232.025プラチナ時計

現在、スイスの時計製造と競合できるのはドイツだけです。これは主に、ランゲとグラシュッテという2つの柱のブランドに基づいています。もちろん、最も重要なのは時計製造の伝統と歴史です。ランゲはパテック・フィリップに匹敵するブランドであり、戦争により半世紀にわたってドイツの時計製造業界全体に荒廃していた。生産を再開したのは1994年になってから20年も経っていない。今日は、このドイツの時計製造モデル、ランゲのRICHARD LANGEシリーズ232.0225プラチナ時計を使用して、一緒に楽しみましょう。
     幸いなことに、ブランドはもう存在しませんが、技術と人々はまだ存在しています。ブランドの創設者であるウォルターランゲの曾孫は、第二次世界大戦後に故郷から逃げることを余儀なくされ、時計製造技術は維持されました。1990年、ドイツ統一後、ウォルターランゲはブランドを再設立し、ランゲのロゴを再登録し、1994年に時計の最初のバッチをリリースし、ランゲが時計製造に復帰したことを示しました。次の10年間の開発で、ランゲは独自のトップレベルの時計製造の職人技と創設者から派生した革新的な構造、そして独特のデザインにより、グリッドブランドはその栄光を取り戻しました。今日のランゲ時計は、内部構造と細部の変更に細心の注意を払っていると同時に、ドイツ時計のグローバル化を表す要素がより柔軟に適用され、世界のトップ時計ブランドとしての地位をより強固なものにしています。 Lange 232.025ウォッチは、Richard Langeシリーズのブランドです。RichardLangeは、ブランド創設者の長男です。ヘアスプリングを作るときに、合金にベリリウムを加えると、ヘアスプリングの品質が大幅に向上することを発見し、特許を申請しました。ヘアスプリングの素材の飛躍的な飛躍と言えます。このシリーズは、プロが開発したブランドのクロノメーター時計シリーズです。クロノメーターは、最も正確で安定した動き性能を必要とする精密時計です。したがって、232.025時計も同じです。品質に優れたこの時計を今すぐ楽しみましょう。 

パネライアートマスターピースPAM00005

パネライはストーリーの多いブランドで、誕生以来海と切っても切れない関係にあります。オリジナルのパネライはプロの時計製造ブランドではなく、海軍機器の生産の多くであり、イタリア海軍の招待で時計を作り始めました。今日は、パネライのクラシックな代表的な時計PAM 00005で、この時計のユニークな魅力を一緒に鑑賞しましょう。
     PAM 00005は、文字盤の直径が44 mmで、ステンレス鋼製の大きなケースを備えた非常にクラシックな大型時計で、男性的でタフな気質を示しています。ケースの色はシルバーですが光沢はありません。男性の手首に装着すると、マスターの落ち着きと抑制感が伝わり、大人の男性の魅力を存分に発揮します。また、シルバーのベゼルパッケージの下にある黒い文字盤とクリアな大規模さも、マスターの雰囲気をよく表現しています。そして、その最も魅力的なのは、パネライのシンボルであるブランドのクラシックな「PANERAI」LOGOであり、このパネルデザインの背景の下で、その美しさが十分に発揮されています。最近大人気の時計です。形が複雑でなく、特別なデザインもありません。なぜ人が心地よく感じるのかわからないので、手首の一部として購入したいと思います。 。おそらくこれはマスターの絶妙なスキルの具現化であり、おそらくそのさまざまな要素のレイアウトのわずかな変更はそのような効果をもたらさないでしょうが、実際にはそれはこのようであり、芸術的な傑作になっています。 

雰囲気のあるエレガントな味わいパテックフィリップ7119J-012ゴールドウォッチ

パテックフィリップに関しては、誰もが不慣れになることはないと思います。ジュネーブで唯一残っている独立した時計職人として、パテックフィリップは、その卓越した時計製造技術と優れた研磨プロセスで常に人々の目に留まります。市場だけでなく、パテックフィリップの時計は多くのシェアを占めており、オークションの分野では、パテックフィリップがリーダーであり、時計の最高価格の記録を維持しています。女性用の時計もゆっくりとハイエンドの時計のランクに統合されています。パテックフィリップカラトラバシリーズ7119J-012時計はモデルの1つであり、今日、このクラシックな時計シリーズ7119J-012ゴールド時計を高く評価するようになりました。
     Patek Philippe Calatravaシリーズ7119J-012の時計が最初に目を引くのは、まばゆいばかりのまばゆいばかりのゴールドです。まるでウィーンのゴールデンホール、18kゴールドのケース、パリのネイルパターンのベゼルに入ったかのように、豪華さと優雅さの美しさが最大限に現れます。 、これは平均的な女性が抵抗できない誘惑の美しさです。黒いローマ数字の丸い白い文字盤にサファイアクリスタルガラスを組み合わせることで、ファッション感がすぐに明らかになります。私が最も好きなのは時計です。ベルトは茶色のクロコダイルレザーでできており、色はそれを補完し、補完します。シンプルな折りたたみ式バックルデザインで、非常に調和のとれた美しい外観です。質感は優れており、品格、寛大さ、明るい色も示しています。この時計を見るすべての女性はそれを気に入るはずです。直径31mmのこの時計は、文字盤をより美しくするために、文字盤の6時の位置にスモールセコンドダイヤルディスプレイを備えて設計されています。よくできているだけでなく、デザインも完璧です。まばゆいばかりの黄金色は、クラシカルな美しさとエレガンスを極限まで表現しています。

パテックフィリップスポーツ5711 / 1Aステンレス鋼時計の理解

 時計は非常に魅力的なオブジェクトです。機械的な魅力を示すだけでなく、精神を示すこともできます。特に、Patek Philippe、Vacheron Constantin、Lange、Audemars Piguet、アテネなどの時計のスタイルは、一般的に一定の背景や文化の下で現代的な要素で構成されているため、ファッショナブルな時計ほど誇張されていません。
     ただ、今回は主人公がパテックフィリップ出身ですが、上記の特徴はほとんど関係なく、パテックフィリップスポーツウォッチシリーズの時計です。パテックフィリップは、スポーツシリーズの中で、パテックフィリップブランドの堅実な構造と独特の個性でスポーツコンセプトを理解していることを説明しました。1976年に発売された後、クラシックからグラマラスなデザインで市場の最愛の人になりました。 、そのオリジナルモデルは長い間オークションで熱い宝物になっています。そして、パテックフィリップスポーツシリーズのエッセンスをその優れたデザインで完璧に解釈し、パテックフィリップ5711 / 1Aです。今回は、パテックフィリップのエレガントなスポーツスタイルを体験するために使用します。

真っ赤な気質IWCポルトガルのブティックIW502122メンズウォッチ

ブランド時計コピーIWCといえば、そのクラシックなポルトガルシリーズとは言えません。このシリーズは、時計ファンに広く愛されていると同時に、IWCの代表的なシリーズのひとつでもあります。 1868年に設立されたIWCは、豊富な歴史的経験を持ち、現在では時計業界で極めて重要な位置を占めています。 本日は、IW502122メンズメカニカルウォッチをご紹介します。
      IWCは、時計製造の開始から154年の歴史があります。 それが設立された場所はチャーフォードハウスと呼ばれています。地元の時計の歴史は、IWCより400年以上早い15世紀の初めにさかのぼることができます。 しかし、IWCに時計製造工場を建設させた後、時間の正確さは人々に理解され始めました。 本日は、IWCポルトガルシリーズのIW502122メンズメカニカルウォッチをご紹介します。 

プラチナの芸術VacheronConstantinの2つのプラチナ時計北京市場

 貴族の観点からは、Vacheron Constantinのブランドは、Patek Philippeのようなトップブランドのデュオでさえ、誇張されているようには見えません。継承シリーズは、ブランドのクラシックな時計に具現化された美的価値に触発されています。 Watch Houseの編集者は、北京FangcaoyuanにあるWEMPE時計店を訪れ、時計の友人に喜ばれる2つの遺産シリーズ時計の最新の市場と実際のショット写真を持ってきました。

«1314151617181920212223242526»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

    Copyright by 2016小林 裕通のブログ HP: www.citywatch2016.top